HOME > 教室ブログ > スペイン便り~♪ その14 部屋で滝修行?!

教室ブログ

< スペイン便り~♪ その13 誰とでも挨拶っ!  |  一覧へ戻る  |  スペイン便り~♪ その15 ヘレス最終日 >

スペイン便り~♪ その14 部屋で滝修行?!


Buena!(ブエナ!)
カンテ科アシスタントの小山奈美です。

ここヘレスでの生活も、あと2日を残すのみとなりました。
昨日まで3日間ほど曇りと雨降りの空模様でしたが、今日は快晴!!

私たちが宿泊しているアパルタメントの部屋には、キッチンもシャワーも付いています。朝は食パンにチーズやハムをはさんで、部屋で食べてから1日がスタートします。食パンは、昔懐かしの2枚ずつ縦に入れ、焼きあがったらボンっと出てくるトースターで焼きます。慣れてるはずなのに、毎朝ボンって出てくるパンにビックリしてしまいます。

ビックリと言えば……
お部屋のシャワーの形状が初めて見るもので、使い方の説明も何もなく、ここに来てまず最初にシャワーを浴びた時、とりあえず2つあるスイッチを適当に回してみたら、上からドドっと水が!!ひや~~~っ!
いきなり滝修行のように冷水を浴びてしまいました。

あとになってその仕組みがわかりました。
上のノブ(スイッチ?)には4つの段階でカチッと切り替えができるようになっていて、まず右周りに1つずつに回して行くと、手持ちのシャワー→中段の2か所からシャワーが出る(身体を洗う)→頭上からシャワーが出る(髪を洗う)→滝修行のようにどっとまとまったお湯が出る、というように、お湯の出る場所が変わるのです。

下のノブは、お湯の温度調節とON・OFFの役目。

最初に訳もわからず上のスイッチを左に回して水を出してしまったので、着いて早々いきなり滝修行をするような羽目になったのでした。
一体あの滝水は何のために使うの?と考えましたが、もし暑いヘレスの夏にあの滝水に打たれたらさぞ気持ち良かろうに、と落ち着きました。

慣れるのに時間がかかりましたが、慣れてしまうとこのシャワー本当に快適です!日本にもあったらいいのに、と思います。
あ、ちなみに滝水は、あれ以降一度も使ってませんよ~☆
S__4636685.jpg


2019年3月7日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜





 


< スペイン便り~♪ その13 誰とでも挨拶っ!  |  一覧へ戻る  |  スペイン便り~♪ その15 ヘレス最終日 >

このページのトップへ