HOME > 教室ブログ > スペイン便り~♪ その15 ヘレス最終日

教室ブログ

< スペイン便り~♪ その14 部屋で滝修行?!  |  一覧へ戻る  |  帰国しました!! >

スペイン便り~♪ その15 ヘレス最終日

スペイン便り~♪  その15  ヘレス最終日

Buena!(ブエナ!)
カンテ科アシスタントの小山奈美です。

いよいよ今日は、ヘレス最終日。

あっ!という間でした。
いろんなことがあり、いろんな人とつながって、友達の友達は皆友達!みたいなことにいつのまにかなっていて、日々新鮮な驚きと喜びを感じました。

この旅の相棒、アウロラこと植松さんは、今朝早くから最後のレッスンに出かけて行きました。
そして私はといえば、昨日ですべてのレッスンが終了し、この旅で初めて、夜中に一度も目を覚ますことなくぐっすり眠りました。

今回ヘレスではミゲル・ラビ氏にレッスンしていただきました。かなり昔、大阪にエル・フラメンコがあった頃に若手の歌い手として出演していた彼は、今は2人の子持ちのいいお父さんであり、CDデビューもしていてかなり売れっ子になっていました。
なんとミゲルは私たちのアパルタメントのすぐ近くに住んでいるそうで、なんとなんとギターを背負って通い師匠してくれました!!
レッスンはだいたい11:00から1時間か、2時間、多い時は3時間。
みっちり教えていただきました。

初日は見知らぬギターを背負った男性が来て、受付の人も怪訝そうな表情で見ていましたが、次の日にはアパルタメント中のあらゆる人に、あんた歌歌ってるんか?聞こえたでー、ええやんか、頑張りよし!みたいなことを言われました。ヘレスの人達も、そしてヘレスに来ている外国人も、本当に歌が好きなようです。
アパルタメントの部屋で、こんな大声で歌っていいの???
と最初は少し戸惑いましたが、まったく問題なかったです。
なんせ道歩きながらでも広場でも、街中のあちこちのバルでも、時間に関係なく歌いまくっているんですから。
歌っているのは、たいてい中年以降のおじさん、おばさん達で、歌う時は大声で歌います。それがなんとも味があるのです。

そんなこんなで、非常に恵まれた環境の中で、かなり短期間ながらミゲル師匠にはたくさんのことを教えていただきました!
これからがいよいよ始まりです。長い長い長い道のりになりそうですが、poco a poco(少しずつ)より自然にフラメンコに近づけるようにこの道を歩いていきたいと思います。

さて!今日もヘレスは快晴。
明日早朝の出発まで、エンジン全開フルスロットルでいきますよっ!!


2019年3月9日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


< スペイン便り~♪ その14 部屋で滝修行?!  |  一覧へ戻る  |  帰国しました!! >

このページのトップへ