HOME > 教室ブログ > 目から鱗が1,000個落ちレベル

教室ブログ

< やっと日の目をみました  |  一覧へ戻る  |  年明け早々 >

目から鱗が1,000個落ちレベル

目から鱗が1,000個落ちレベル

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

ひょんなことから、BOOK・OFFを利用するようになり、前々から「面白いよ」と聞いていた【宇宙兄弟】を20巻まで大人買いしました!

最初っからオモシロイのですが、3巻を読み終えた時点で、この漫画は小学校の教科書に載せるべくレベルの本だと思いました(^^)

リアルな人のあり方、熱さ、
何よりも【今】を懸命に生きる大切さを、宇宙飛行士というステージで描いているだけで日常生活そのものと同じ!
ものすごい参考になる、素晴らしい漫画です\(^o^)/

私は本番の舞台に向ける『気』の持ち方、日常の生活の取り組み方の重要性を再認識できワックワク(*^.^*)しております。

そして、宇宙兄弟を読んで気付いたのが……

私は自他共に認める"自分好き"なのですが、
自分好きの一体何が、どこが、好きなのかに気付いたのです!これは大発見でした!

"今の自分"が好きなのではなく、

例えば何かに刺激を受けて(今回のように)意識や思考がウワ~っと拡がる「感覚」が好き。

これは、"悪い"場合も同じです。

嫌なことや困難な事が起こった場合も、自分がそれでどんな風に感じて解決していくのか、という「過程」が好き。

要は、【自分】というものを【実験】しているのが好きなんやということに気付きました(^^)/

だから、何をしてても、何が起こっても、いわゆる【プラス思考】になるんかーと、とっても腑に落ちました!

目から鱗が1,000個落ちレベルです♪

自分自身に【ウォーターO(≧∇≦)O】は初めてです!!!!!

何だか、思考の向こう側の第1ステージのゴールに着いた気がします(これこそ勝手な思い込みですが笑)

て、事は……今から第2ステージです
♪ヽ(´▽`)/

ごきげんよう♪

2017年 1月 10日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


< やっと日の目をみました  |  一覧へ戻る  |  年明け早々 >

このページのトップへ