HOME > 教室ブログ > フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾

教室ブログ

< フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク  |  一覧へ戻る  |  フラメンコ衣装の着まわしテク >

フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾

フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

今日から2月です。あっと言う間に1月が終わってしまいましたー。

2月は「如月(きさらぎ)」と言いますが、語源は“寒さで着物を更に重ねて着ること“から、 “衣更着“が有力説だそうです。

それにしても、今年は本当に暖冬過ぎます(*_*;

寒いのは嫌ですが、地球温暖化をここまで感じる恐怖よりは“衣更着“で冬を越したいです。

さて、前回のブログに続き、冬グッズを使ってフラメンコのスキルアップの方法をお話したいと思います。

冬グッズの定番【手袋】を使います(^_^)v

素材は何でもいいですが、なるべく指の形がはっきりわかり、隣の指の感覚もわかるようなものがオススメです。

薄手がベストで、無地で白以外の方が分かりやすいかと思います。

スキルアップの目的は、
フラメンコの【手首、指】の

回し方、通り道をしっかり把握し、止まらずに、美しく流れるように5本それぞれの指が自立しているように使う為です。

手袋をはめて練習するだけなんですが、手袋をすることにより、どの指が“止まっている“とか、通り道を“はしょっている“かが、

【一目で】分かります!!!!!

それと、手袋をすることにより指の感覚を感じやすくなります\(^^)/

手袋をつけて練習した時の感覚が身につくと、5本それぞれの指への意識が芽生えるので、表現が広がります(^.^)

是非試してみてくださいね。

因みに私は道を歩く時は、太陽の影を利用して手首、指の練習をしています。

影もよくわかるんですー!

ごきげんよう♪

2018年 2月 1日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク  |  一覧へ戻る  |  フラメンコ衣装の着まわしテク >

このページのトップへ