HOME > 教室ブログ > 東京行脚 2

教室ブログ

< 東京行脚 1  |  一覧へ戻る  |  東京行脚 終 >

東京行脚 2

東京行脚 2

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科アシスタントの出水宏輝(ファロリート)です。

フラメンコは【舞踊・ギター・カンテ(唄)】の、三位一体といわれております。

幸いにも当教室は【舞踊・ギター・カンテ(唄)】全てを学ぶことができる環境にあります。
(実際は歌って踊るフェステーラや、手拍子でリズムを奏でるパルマも学べます)


それぞれが上手く、平等に生かされるような演目は…

と考えた結果で決まったのが以下のプログラムでした。

【プログラム】
[1部]
タラント(出水宏輝)
ブレリア(小山奈美フェステーラ)
ガロティン(出水宏輝、棚原美和)
ソレア・ポル・ブレリア(棚原美和)
タンゴ(全員)
アレグリアス(出水宏輝)
ルンバ・デ・ペパ(全員)

[2部]
カバルガンド(尾藤大介、小山奈美、棚原美和)
アレグリアス(出水宏輝)
タンゴ(小山奈美フェステーラ)
グアヒーラ(出水宏輝、棚原美和)
ティエント(棚原美和)
ラ・カーニャ(出水宏輝)
ルンバ・デ・ペパ(全員)


今回のライブシステムは、「1部のみ」「2部のみ」「両部通し」の3パターンがありました。

『片方の部だけでも楽しんでもらえるように』

『両部通しで見られる方も楽しんでもらえるように』

そう考えた私は、
・1部ではまさにファミリア(家族)感を感じられるもの

・2部ではよりフラメンコを伝えられるもの

・通しで見ると「ファミリア感」「フラメンコらしさ」を感じつつも、その先にあるもの

これらを感じてもらいたいと思ったのでした。

つづく

★写真はプログラム1部より。

2020年 2月 6日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜





< 東京行脚 1  |  一覧へ戻る  |  東京行脚 終 >

このページのトップへ