HOME > 教室ブログ > 上京物語 その5 初の江ノ電

教室ブログ

< 上京物語 その4 クリエイターの聖地  |  一覧へ戻る  |  上京物語 その6 大自然に癒されて >

上京物語 その5 初の江ノ電

上京物語 その5 初の江ノ電

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

いよいよ最後のメインディッシュは鎌倉物語(^-^)/

鎌倉は、カメラマン大森有起さんに会いに行くのが一番の目的だったので、観光は大森さんに丸投げ(^^;

とにかく鎌倉は「観光地」で、今は紫陽花が見頃なので、めちゃくちゃ人が多いのを覚悟しーやーと言われてました。

で、私達がジブリの森から鎌倉へ行く事もわかっていた大森さんは、

訪れる日の数日前から頼りない私達の為に、自ら“大森ツーリスト“と化し、

小田急線新宿発13:40
の《ロマンスカー》藤沢着までの指定席5枚予約してくださってました(^.^)

切符は当日予約番号等を言って直接駅で購入することになっていたのですが、出発時刻の15分前迄に購入しないと自動キャンセルになってしまうのです。

実は三鷹に到着したのが、12:20頃で、大慌てでランチをして、JR新宿駅に着いたのが13:15ぐらい(^^;

猛ダッシュで小田急線に移動し、そこから更に切符購入可能の受付へ、駆け込み乗車ならぬ、駆け込み購入(^o^;)(^o^;)(^o^;)

ほーんまに、ギリギリのギリギリセーフでした(^o^;)(^o^;)(^o^;)

さてさて、ジブリの森美術館のメンバーからは新宿駅で2人抜け、

ロマンスカーから、新たに宏輝君(ファロ)が加わり、5名(植松、小山、エリー、宏輝、そして私)で、大森さんが待ってくれている藤沢へ向かいました!

指定席は、何と一番前の車両の尚且つ1番前(1列目)2名と2列目3名。特等席でした!!!

とても良い席だったのですが、私は体力温存の為に、1人はみ出し席で寝てまして、

他4名は電車旅の醍醐味!おやつを食べながらワイワイしていたようです(^.^)

あっという間に、藤沢駅に到着したら、
あんちゃん(カメラマン大森さん)が出迎えてくれ、久々の再会~!!!!!と挨拶したら、

すぐに「ほな行くで!」と、【江ノ電】藤沢駅に向かいました!

初【江ノ電】(^-^)/
と言っても、

実際のところ、よくわからず、何故に皆、“江ノ電江ノ電“言うの~?と思っておりました。

江ノ電に乗り込む時も、あんちゃんが「一番前の車両の一番前とるで!」と…

何でなん???との問いに、

「乗ったらわかる!」

すると、隣でエリーが、

『江ノ電て、家と家の間抜けて、道路と同じとこ走ったり、海が目の前にひろがったり……』と説明してくれるのですが、

何かイマイチピンと来ず…(;¬_¬)

それって、チンチン電車と同じ感じ?ってことなんちゃうの????

エリーからも、
『まぁ乗ったらわかるからー♪』と言われ、

いよいよ、初の江ノ電に乗り込み、めでたく、一番前の車両の一番前右側の座席に私とファロが座り、あんちゃんとエリーは私達の前に立ち、

イベリコスの2人は少し離れた座席へ!
2人は以前に江ノ電を体験してるからと前の席を譲ってくれました(^-^)/

最初は何の変哲もない風景でしたが、“腰越“駅に着くとあんちゃんが、「ここからが見所ポイントやから、カメラかビデオの用意を~、ここ(窓ガラス)に(スマホ)くっつけとけばブレへんからちゃんと撮れるわ」との指示があり、

言われた通り、スマホを設置、録画モードにしました。

すると、どんどん線路幅?が狭くなり、ほんまに“家“と“家“の間を、“通ってる“というより、“すり抜けてる“感じ、しかも直進がほぼなく、わりとカーブもあるので、レジャーランドのちょっとした乗り物感覚になりました。

そして、しばらくすると……

いきなり【海】が現れたのです( ゚д゚)

これには思わず、『うわー!!!海~~~!!!!!』と叫んでしまいました(^o^;)

海岸沿いをしばし満喫していると、走っている電車を撮影しようという人だかりの山も沢山見かけ、すかさず私はカメラに向かってピースサイン(  ̄ー ̄)

人の思い出に勝手に映りこもうというイチビリな事をしたりして楽しみました(^^; 

すると、「次降りるでー」とあんちゃん、もとい大森ツーリスト(笑)の一声。

映画[稲村ジェーン]のロケ地として有名な、「稲村ヶ崎」駅で降りるとのこと。

気づけば車内は、すんごい人!!!!超超超満員電車になってます┐('~`;)┌

イベリコスの姿も見えず、LINEで降りる駅を知らせましたが、既読ならず…

こうなったら仕方ありません……

関西人だから特に恥ずかしくもないですが、

大声で、「ホアキーナ次おりるでー」

『はーい』とかえってきて安心した後……

まるで銭湯の女湯と男湯で声を掛け合っていた大人達を思い出し、懐かしい感覚に、初の江ノ電は、ノスタルジック?!な締めくくりとなりました(笑)\(^^)/

全員無事に稲村ヶ崎駅を下りると、あんちゃんから「しばらく海岸沿いを歩いて絶景スポットに寄り、線路沿い……」と説明が始まったのですが、

聞いてもわからんし、あんちゃんに任してるから!何でもええよー( ≧∀≦)ノ
ついていくわ~!!!!

大森ツーリストによる、鎌倉プレゼン物語が始まりました♪とさ!

つづく

2019年 6月 27日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< 上京物語 その4 クリエイターの聖地  |  一覧へ戻る  |  上京物語 その6 大自然に癒されて >

このページのトップへ