HOME > 教室ブログ > 鬼だらけ?

教室ブログ

< 明日から師走  |  一覧へ戻る  |  抱腹絶倒の忘年会 >

鬼だらけ?

鬼だらけ?

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

さて、今日の写真…何かわかりますか?

実は《鬼おろし》

最近、アレグレこと田中先生のマイブームが、こちらの《鬼おろし》なんです。

何でも、あるお店に出てきた“大根おろし“が、粗いのにめっちゃ美味しく、どうやってんねや?と気になっていたそうで…
(アレグレ先生の趣味は料理です)

普通のおろし金で、雑にすろうとしても同じようにならないし、包丁で粗く切ったものを大根おろしに混ぜたりしたそうですが、何かが違う…

あれは一体どうやってるんだろう????

と、実は、ずーーーーーーっと気になっていたそうなんです(^o^;)

で、先日テレビの料理番組で

《鬼おろし》が出てきて、それ用の専門器具があることを知った先生は、

先ずはネットで調べ、そのあとイオンに探しに行かれたそうです。

ネットでもイオンでも、値段は1,600円~2,000円までやったそうなんですが、

正直、小市民としては、大根をおろす器具に!

プロの料理人でもなく、

しかも、毎日使うわけではないものに、

2,000円て、、、、、、、と一瞬躊躇されたアレグレ先生は、フッと100均ショップが頭によぎり、行ってみたら…

あったんですねー!!!

それも、表は普通の大根おろし用、裏は鬼おろし用と兼用出来る優れものを見つけ即購入されたそうです。

それから毎日《鬼おろし》(/^^)/

それにしても、“鬼おろし“という名称、私は知らず今回初めて知りました!

先日、ファロリート(出水宏輝)にも聞いてみたら、僕も初めて聞きました~との事で、

ファロリートが、

「“鬼ころし“?ってありませんでした?」と言うたので、

『それはお酒や』と私


「何かお菓子?にもありませんでした?」


『それは“鬼おこし“や!』と田中先生

最後に、

『そして、わたしは“鬼軍曹“(≧□≦)』

チャンチャン♪♪

と三段オチですっきりレマーテを決めました(^_^)v

さてさて、“鬼おろし“でポチっとしてみましたら……

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

おろし金の一種。

竹の刃が「鬼の歯」を連想させることからこの名がある大根おろし。

竹は食物をおろすのに熱を持たず、又素材を粗くおろせるため水分や食物繊維が逃げにくく、ふんわかシャキシャキとした大根おろしをすることができます。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

器具のことを指したり、その大根おろしの事も指すようですね。

竹製の鬼おろしですった鬼おろし、めっちゃ美味しそうです~[exclamation]

100均のものと、どれだけ味が違うのか実際に検証してみたい!!!!!

先生へのお歳暮は、

竹製の鬼おろしに決まり(^o^)/

ごきげんよう♪

2018年 12月 1 日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< 明日から師走  |  一覧へ戻る  |  抱腹絶倒の忘年会 >

このページのトップへ