HOME > 教室ブログ > 抱腹絶倒の忘年会

教室ブログ

< 鬼だらけ?  |  一覧へ戻る  |  驚異のアンチエイジング >

抱腹絶倒の忘年会

抱腹絶倒の忘年会

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

先日は、お腹をかかえて大笑いするほど大変盛り上がった平成最後のスタジオの忘年会を終えました(/^^)/

余興の1つに、【マイケル・ジャクソンフォー】ゲームというのを、チーム対抗でやったのですが、めっちゃめっちゃ面白かったです。

用意するものも必要ないし、老若男女が楽しめるゲームでした。

因みに、アンディーナチームが優勝しまして、すてきな景品をゲットしましたー\(^-^)/

正月の家族の集まりでも早速使おうと思っています(  ̄ー ̄)

そして、セビジャーナス、ルンバ大会の後は!!!

これを見なければ、
年を越せなくなってきた恒例の…

あの!

【タンゴ・デ・町子】!!!

いやー、年々、バージョンアップしてますが、
今年のは最高過ぎました!

【タンゴ・デ・町子】はポチっとでは出てきませんので、

ミワぺディアから、どうぞ(^o^)/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

【タンゴ・デ・町子】とは、

日本国民の心の故郷である、日本の漫画《サザエさん》の歌詞を、フラメンコのタンゴのリズムで、石川敬子フラメンコ教室カンテクラス所属の “うらこ(レメディオス)“が歌い始めたもの。

最初に歌い始めたのは、
教室の忘年会だったのか、発表会の打ち上げだったのか、いつ頃からなのかは定かではないが、

石川敬子フラメンコ教室では、フィエスタの〆は【タンゴ・デ・町子】が鉄板である。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

で、この【タンゴ・デ・町子】

今回はこの歌で、うらこがカンテレッスンもしてくれまして…(≧□≦)

見事に普段のカンテレッスンで田中先生が常々教えてくださっているポイントを“ほぼ全て“クリア!

めっちゃ分かりやすく、めっちゃ面白い!

カンテクラスを受けていない方が、【タンゴ・デ・町子】でカンテクラスのレッスン風景が目に浮かぶー( *´艸`)と言ったぐらい、

これまた、老若男女が!
フラメンコを知らない人でも楽しめる余興なんです(^_^ゞ

幹事の皆様、参加された皆様、幸せな一日をありがとうございました(^o^)/

ごきげんよう♪

2018年 12月 4日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< 鬼だらけ?  |  一覧へ戻る  |  驚異のアンチエイジング >

このページのトップへ