HOME > 教室ブログ > 驚異のアンチエイジング

教室ブログ

< 抱腹絶倒の忘年会  |  一覧へ戻る  |  自家製こたつ >

驚異のアンチエイジング

驚異のアンチエイジング

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

先日、テレビでお医者さんさんが実践しているカラダにいいこと!というのを最初だけチラッと見まして、“髪“(薄毛や白髪)にいいということで、イワシを毎日食べると言ってました。

何でも《イワシ漁》をされてる方は髪がフサフサらしく、リポートされてましたが、本当にフサフサで、いちばん驚いたのは今年の12月で90歳になる男性は背筋もシャンとしてて、滑舌もよく、60代後半から70代ぐらいにしか見えませんでした。

更にイワシのスゴい所は、血液がサラサラになる効果があるので、血管年齢が若くなるんですってーーーー!!(゜ロ゜ノ)ノ

因みに90歳の男性の血管年齢は、

な、な、な、な、何と驚異の48歳!!!!!!

私とほぼ年齢変わらんやん( ゜o゜)

血中の余分な血液をサラサラにする効果が期待出来る=アンチエイジングになるのが、青魚に含まれる「EPA」

よく耳にする「EPA」ですが、このEPA…体内でほとんど作る事が出来ない「必須脂肪酸の一種」なんだそうです。

しかも、イワシは青魚の中でもダントツのEPA持ちの魚なんです(⌒0⌒)/~~

*100mgに含まれるEPAの含有量

1位 イワシ 1,381mg
2位 マグロ 1,288mg
3位 サバ  1,214mg

となっています!

そして、EPAを含め他の栄養素を丸ごとそのまま摂取出来るのが【缶詰め】
しかも、缶詰めの汁は栄養素そのものなので、捨てずに飲む!のが必須\(^^)/

私は一番好きな魚は“アジ“

2番目が“イワシ“[exclamation]

これは続けれそう(^o^)

因みにアジは8位で、408mgでした。

1日のEPAの必要摂取量は、イワシ1尾。

缶詰めだと1日1缶を目安に摂るといいそうです(/^^)/

さて、私は髪の量は多い方なんですが、自分的には昔よりかなり薄くなってるし、パーマ屋でヘアカラーしても、すぐに白髪が目立つようになってきたな…と少し気になっているのと、

血管年齢が若くなるということは、全てのアンチエイジングに効果があるやん!!!と思い、

「缶詰」は、あの独特の臭いが苦手なんですが、早速試してみよう(≧□≦)と、色んな味の缶詰めを買ってみました!(今日の写真)

ということで、
週4ぐらいのペースで続けてみまーす(^o^)

ごきげんよう♪

2018年 12月 6日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< 抱腹絶倒の忘年会  |  一覧へ戻る  |  自家製こたつ >

このページのトップへ