HOME > 教室ブログ > ビブリオバトル

教室ブログ

< 驚きのVR再生機能  |  一覧へ戻る  |  バ、バ、バ、バレンタイン >

ビブリオバトル

ビブリオバトル

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

テレビを有効活用している今日この頃(^.^)

さてさて、MBSアナウンサーの番組で毎週木曜深夜0時59分に放送されている【コトノハ図鑑】という番組はご存知でしょうか。

テレビがまだ家に来る前、2ヵ月ぐらい前に、たまたま1~2度見て知ったんですが、面白いし、ためになる番組なんです!

どんなんかというと……

番組ホームページより
どうぞ(^.^)

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

人が生み出した最高のコミュニケーションツール「コトノハ =言葉」を深く知れば、人生が少し豊かになる!

MBS アナウンサーが言葉を「学ぶ」ことを通して、発見を届けます!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

という番組。



今日も帰ってきたら、ちょーど始まるところだったので見たんですが、

今日は、4名のアナウンサーによる、

《ビブリオバトル》をやってました。

ビブリオバトル‥初めて聞きましたねー。

最近流行ってるそうなんです( ・-・)



ポチっとから、どうぞ!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ビブリオバトルとは、

みんなで集まって5分で「本」を紹介。

そして,読みたくなった本(=チャンプ本)を投票して決定する、スポーツのような書評会。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

要するに、各自のオススメの本をプレゼンするのですが、プレゼンの良し悪しではなく、どの本を読みたくなったかで決めるそうなんです。

このビブリオバトルは元々は京都大学から広まったそうですよ!

そして!

今日のブログ写真が、番組内のビブリオバトルで最後に残った2冊で、

見事チャンプ本に輝いたのは、

《このゴミは収集できません》の方でした。

私はどちらも読みたくなったので、購入しようと思っています。

番組ではプレゼンの持ち時間は1人2分だったのですが、流石はアナウンサー!!!!

2分をきっちりピタっと使いきり、内容はもちろん簡潔で聞き易く、プロのプレゼンは本当に素晴らしかったです。

フラメンコのライブではMCをすることもありますので、私がテレビを見る時に着目しているのは、

・アナウンサー

・芸人さん(特に番組を持っているメイン司会者)

・通販番組(特にジャパネットたかた)

の喋り方です( *´艸`)

因みにテレビを見るようになった最近、
一番興味深く面白いなと思うのは【CM】です。

ごきげんよう♪

2018年 1月 10日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< 驚きのVR再生機能  |  一覧へ戻る  |  バ、バ、バ、バレンタイン >

このページのトップへ