HOME > 教室ブログ > フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク

教室ブログ

< バ、バ、バ、バレンタイン  |  一覧へ戻る  |  フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾 >

フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク

フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

さて、今日の画像の「PITTAマスク」CMで知ったのですが、やっとカラーマスクの登場にめっちゃ喜んでいるアンディーナです!!!

私は本当に風邪を引いた時、風邪を引けないイベント前の風邪予防、黄砂がひどい時期に、

渋々つけるという、マスクはなるべく着用したくないタイプです。

というのは、マスクにより全身のトータルコーディネートが台無しになるからです(*_*;

以前から、カラーマスクって何で無いんやろ?と思っていたので、このマスクは絶対買おうと思っています!!!

ピッタマスクをポチっとすると、機能も素晴らしく、

・商品名通り顔に沿ってピタっと密着

・通気性はいいが外気はシャットアウト

・耳も痛くならない柔らかいポリウレタン素材

・洗って使える

等々、

最後の“洗って使える“は1日3回洗って1ヵ月で、耳かけ部分がヨレっとなる感じだそうですよ。

3枚入りでワンコイン[!!]️ と、コスパも高い素敵な商品です\(^^)/

さて、今日のブログタイトルには、

【フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク】とありますが……

特に初心者の方や、頭ではわかってはいるものの、“顔の向き“をつけるのをついつい忘れてしまう方には是非試して欲しい、とっても簡単な方法です!

それは!

レッスン時、「マスク」をつけてお稽古するだけ(^.^)!

たったこれだけなんです(^.^)

例えば、

体は斜めに向きをつけていて、
顔は正面(鏡の方)の場合、

マスクをつけていると自分の“顔の向き“がより明確に鏡に写っているので気付きやすいし、修正しやすいのです。

ブエルタ(回転)でも、マスクの力を発揮します!

ブエルタで、ふらついてしまう原因の1つに

“顔の向きがついていない“があります。

『体は先に回る方向へ、その際、

“顔(マスク)は鏡の方になるべくギリギリのタイミングまで残し“ たら、

すぐに “顔(マスク)から先に、振り返り“

後から体が戻ってくる。』

と、【マスク】が顔にあることで、見た目にはっきり分かりやすいのです。

他にも体に対して、顔の向きを“横“や“斜め上“につける際に、頭部まで身体の軸の意識が通っていないと、顔(頭部)が傾いてしまう方がいますが、これもマスクを付けることにより、しっかりと目で確認出来ます(^.^)

顔の向きを体得するのに、マスク使用の多いこの冬の時期はオススメです。

マスクを付けてると息苦しくなる~という方には、ちょうどこのPITTAマスクが良いと思いますよー!

ごきげんよう♪

2018年 1月 25日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< バ、バ、バ、バレンタイン  |  一覧へ戻る  |  フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾 >

このページのトップへ