HOME > 教室ブログ > 静寂のオーラ 

教室ブログ

< ストーブ開き  |  一覧へ戻る  |  大門未知子効果 >

静寂のオーラ 

静寂のオーラ 

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

2週間ほど前でしょうか、たまたまNHKをつけていたら「日本舞踊」をやっていたんです。

日本舞踊と言えば、古希を過ぎた渋いおばあ様方がやっているもの!という偏見があったアンディーナなんです…

ところが、どう見ても20代の若い女性がクローズアップされていて、何でも“若手のホープ“で…みたいな事を言ってまして、

フラメンコ界は若い世代があまり居ないので、
わー、いいなぁと、思わず見ていましたら、

その若手のホープの方が舞っている曲の動画が流れたんです。

一瞬にして、この子凄い!!!!!と、釘付けになり、見とれてしまいました( ゚д゚)ポカーン

見事な体幹、そして、
ムダがなく凛としているのに、たおやかな動き…

若いのに凄い!!!!!

完全に心を鷲掴みにされてしまったのです。

全くもって日本舞踊に興味が無かった私ですが、ちょっとやってみたいな(^^;とまで、思ってしまったのです。

その日本舞踊の期待のホープのお名前は、
『若柳杏子』さんといいまして、

機会があれば是非“生で“舞台を拝見したいと思います\(^-^)/

ふと、この若柳杏子さんのように、全く別のジャンルで、尚且つ興味の無かったジャンルなのに、目を!心を!

奪われた方達というのは誰やろ?と思い出すと、

先ずは、

King of pop の【マイケル・ジャクソン】
映画This is it!を初めて見た時に、マイケルがロボットの中から出てきただけで、釘付けになりました!!!

角界からは、【朝青龍】
たまたまテレビの相撲タイムで、朝青龍の取り組みで、立合いに痺れました!!!

陸上からは、【ウサイン・ボルト】
実はボルトが走っているところは見たことありません。名前だけ知ってまして、(最速という情報は知ってました)たまたま世界陸上をテレビでやっていた時に、名前を呼ばれる前に登場しただけで、「あ、この人がボルトや[!!]️」って、分かるぐらいのオーラがありました!

それが、今日のタイトル“静寂のオーラ“なんですが、

若柳杏子さんも、
マイケル・ジャクソンも
朝青龍も
ウサイン・ボルトも

共通しているのは、

皆さん『静寂のオーラ』を纏っているのです!!!

体から数センチぐらいのバリアのような(結界的な???)時間が止まっているようなものがあるのが見えるのです!!!!!

これは、あくまでも私の個人的感想ですけどね(*^^*)

ですが、私が反応する人は必ず
『静寂のオーラ』を纏われています!

フラメンコ界では、

カルメリージャ・モントージャ

カルメン・モントージャ

ローレ・モントージャ

そして、ファルキート

私もこの【静寂のオーラ】を纏いたく!!!
精進中でありますが、

先月久々に第4土曜のクラシコを観に行きましたら、

何と!ファロリート(出水宏輝)が静寂のオーラをうっすら纏い始めていました(/^^)/

おっと!!!!と、思わず声を出しそうになりました!!( ; ロ)゚ ゚

新人公演で奨励賞を受賞してから、益々芸に磨きがかかっています。

ですので、是非ファロリートの生の舞台をご覧下さい!

年内は、11/23(祝土)クラシコにて!!!

そして、来年1回目の第2土曜クラシコ(1/11 2020年)は、私も出演で、ファロリート(出水宏輝)、ロシオ(田中麻季)と共演です。

さて、

今日の写真は、今年の3月、東成アートフェスタでのアンディーナのソロ『タラント』ですが、

この写真にタイトルをつけるとしたら、

【静寂という名の音~宇宙~】とつけたいです

ごきげんよう♪

2019年 11月 12日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



< ストーブ開き  |  一覧へ戻る  |  大門未知子効果 >

このページのトップへ