HOME > 教室ブログ > 7ページ目

教室ブログ 7ページ目

アバニコ(扇子)

アバニコ(扇子)

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

昨晩、舞踊団で、去年のクリスマス・ライブのDVDを観ました。

クリスマスから、まだ数ヶ月しか経っていませんが、ものすごく前のように感じます!

去年のクリスマス・ライブ、私は舞踊団のメンバーと4人で、アバニコ(扇子)を使って、グアヒーラという曲を踊りました。

扇子や帽子など、小物によっていろいろなキャラクターがあり、
アバニコ(扇子)は、優雅さ、爽やかさ、女性らしさ、妖艶さなど、様々な雰囲気を出すために、一役かってくれています。

日本の扇子よりも、簡単に開けたり閉じたりできるので、踊りの中では、あおいだり、回したりするだけでなく、シャッ!!と開いたり、シャッ!!と閉じたり。。。

リズムを表現することもできて、楽しい小物です!

手首を使うだけで、片手で開いたり閉じたりできて便利なので、私は夏は普段もカバンのポケットに入る小さなサイズのスペインの扇子を愛用しています♪♪♪

2018年4月8日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


自分に飽きる

自分に飽きる

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

今日のブログのタイトル「自分に飽きる」、一体何の事?????と思うでしょうが、言葉の通り私は"自分に飽きる"時期が度々やってきます。(主に自分のフラメンコ)

今正にその"自分に飽きる"に突入しています。

その期間は自分にイライラするのですが、飽きているから新しいものを欲するのか、かえって感性が鋭くなり吸収力が高まるので、"自分に飽きる"期間を過ぎると、新生アンディーナに会えるので、ある意味楽しみでもあります(^^)

「自分に飽きる」というのは他の人にもある事なのだろうか?とポチっとしてみると……

(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)

【飽きることは、実は脳の才能のひとつです 】

というのが出てきました!!!

ポチっとより

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

飽きることは、実は脳の才能のひとつです。

脳科学者の茂木健一郎が、脳の研究によって導きだした答えのひとつ 。

「飽きっぽい」と聞くと、ネガティブな印象を持つが、これはきっと、捉え方の問題だろう。

実際、あれもこれもと手をだす人を「飽きっぽい人」と言うのだから。

本当の「飽き性」は、何かに夢中になっていたと思ったら、突然、他のこともしてみたくなるということ。

 つまり、夢中に、がむしゃらにそれに向かっていると、どんどん慣れてきて物足りなさを感じるようになるということだ。

 茂木氏は、これこそが脳の特徴のひとつであり、「変われる」ことが脳の才能だと言ってはばからない。

 趣味に飽きる、勉強に飽きるといったいろいろな「飽きる」がある中で、

最も重要な感覚が、【今の自分に飽きる】であると。

 今の自分に飽きたらどうするか。

「自分はもっと変われるはずだ」と、チャレンジ精神は旺盛になるだろう。

それが、本来の人間の脳が求めるところであり、人の成長に一役も二役も買う感覚なのだ。

 アスリート選手や職人など、何かに打ち込んでいる人は「飽きる」ことの天才である。

打ち込めば打ち込むほど、「まだまだ」と高みを目指して「今の自分」から変わろうとするのだから。

 「飽きる」という感覚は、あれもこれもではわからない。

ひとつのことにとことん尽くしてこそ、「飽きる」の本当の意味がわかる。

 何かに飽きるということは、変わろうとする脳からのサイン。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ほーーーーーーーーーー( ・∇・)

そうやったんや!

では、とことん"もがき苦しむ"事にしよう!

ごきげんよう♪

*今日の写真は、私個人のFacebookのカバー写真なんですが、この写真見ると脳が覚醒されたような感覚になりスッキリ気持ちよくなります。特に今の私には超気分転換になる画像です(^^)

2018年 4月 2日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


ガルロチに行きまーす♪

ガルロチに行きまーす♪

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

いつのまにか、すっかり春ですねーーーっ!!!!!!!!!

今度の月曜日は、ウキウキ♪春のお出かけ♪♪♪

東京に行ってきまーす♪♪♪

新宿の「ガルロチ」というタブラオ(スペイン料理を食べながら、フラメンコを観れるお店)に行くのが、メインの目的です。

大阪では、スペイン人の良いフラメンコを観れる機会が少ないので、とっても楽しみです♪♪♪♪♪

写真は今ガルロチに出演中の踊り手お二人。マヌエラ・リオス(女性)とペペ・トーレス(男性)です。
どちらも、好きな踊り手さんです☆

2018年3月30日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


フラメンコ用ピアス、イヤリング

フラメンコ用ピアス、イヤリング

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

桜もあちこちで咲き始め、日中は『春』めいていますが、日が暮れると一気に気温が下がり、寒暖差が10℃もあると身体がおかしくなりそうです(^_^;)

私は寒暖差の冷えでお腹を壊しやすくなっていて、最近はカイロを持ち歩いています!

さて、気づけば、3月もあっという間に終わろうとしていますやん( ・∇・)( ・∇・)( ・∇・)

今年は、6/24(日)十三アルディエンテにて、生徒による発表会ライブを開催致します!!!!!

出演者の皆様はそろそろ、衣装や小物などをどうしようかなーと決めていく時期ですが、今日はフラメンコ用のピアス、イヤリングに関しての情報です♪

本日の写真は、私の手持ちのフラメンコ用の『イヤリング』なんですが、こちらの5点は全てフラメンコ衣装パルマさんにて購入しました。

フラメンコ関係なしの普通のお店ではピアスが主流なので、中々こういったデザイン性の高いイヤリングが見当たらないんですよねー。

因みにパルマさんでは、ピアスも売ってますよ(^-^)

私はピアスにする気は無いので、街中でも使えそうなイヤリングを見つけた時は買っておきます。

ピアス派の方は、朗報です!

【H&M】【Forever 21】を是非覗いてみてください。

ガッツリこれフラメンコやん!

というデザインのものが沢山あります。 

しかも!

めっちゃ「安く」で売っています!

もちろんピアスの留め具をイヤリング用に変更出来るデザインのものもたまにありますよ(*^O^*)

写真のフレコ(フリンジ)タイプのものは、最近は街中でもよく見かけるデザインですので、より可愛く安いものと出会えるかと思います。

暖かくなってきましたので、是非「フラメンコにも使えるかな?」という目でウィンドウショッピングしてみてくださいね
\(^-^)/

ごきげんよう♪

2018年 3月 27日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


内からも外からも美健をサポート

内からも外からも美健をサポート

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

先日、阿倍野キューズモールに、
【マツキヨラボ】なるものが、リニューアルオープンしたそうです。

ドラッグストアのマツキヨですが、「ラボ」というのは、 薬剤師、管理栄養士、ビューティースペシャリストら専門スタッフが常駐し、美と健康をトータルにサポートしてくれるシステムが出来たそうです。

具体的には、肌年齢をチェックしてくれるカウンターがあり、そこでスタッフが自分に合ったコスメを(メーカー関係なく)案内してくれ、

肌年齢カウンターの結果を
SUPPLEMENT Bar(サプリメント バー)」に持っていくと、

管理栄養士が食生活と生活習慣を詳細にカウンセリングし、不足しがちな栄養素を補うためのサプリメントを1回分ずつ分包して提供してくれるそうなんです。

サプリメントはオリジナルで、ほかにスムージーなども販売しているそう。

他には血圧計や体組成計などを設置して無料で利用できるセルフチェックコーナーも設けているそうです。

内からも外からも美健をサポートしてくれる、【マツキヨラボ】是非のぞいてみたいです(^^)/

ごきげんよう♪

2018年 3月 23日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


カスタネット

カスタネット

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

フラメンコというと、カスタネットを思い浮かべる方も多いですよね?

カスタネットはスペイン語では、palillo(パリージョ)と言います。

実は、お箸のことも「パリージョ」と言うんですよ!

当教室では、以前のブログでご紹介しました「セビジャーナス」という曲で、踊りながらカスタネットを打つお稽古をしていきます。

カスタネットは素材が、木、合成樹脂、圧縮布など、いろいろあり、材質によって音色が異なります。

大きさは、ご自分の手のひらにちょうどおさまるくらいがいい感じ!
小さいと打ちにくいし、大きすぎて小指がちゃんと届かないようでも打てません。

そして、本日の写真の一番下のように、左右のうちの片方にだけ、頭の部分に印の線が刻まれているのが、正式な踊りのカスタネットです。(左右の音が違います)

お土産用、飾り物用のカスタネットですと、その印が無い物もありますので、ご注意くださいね☆

2018年3月20日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


おでこを出す!?

おでこを出す!?

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

今日のお昼は、とてもあたたかかったので、心がワクワクしました♪♪♪

ところで、舞台でのフラメンコの髪型は、モニョ(おだんご)、三つ編みなどなど、いろいろあるのですが、

おでこを出す!!!

というのが基本です。

真ん中分けでも、横分けでも、オールバックでも、ポンパドール(前髪を少し膨らませて、ピンでとめる)でも、何でも良いのですが、とにかくおでこを出します!!

前髪が短い方でも、ジェルやワックスを使って髪の毛をまとめることができるので、大丈夫!

でも、レッスンの時には、おでこを出す必要はありませんので、おでこを出すことに抵抗がある方もご安心くださいね♪

私も昔はおでこを出すなんて考えられませんでしたが、フラメンコにハマるにつれて、普段でも出せるようになりました☆

今までの自分を少しずつ変えていけるのも、フラメンコの魅力です♪♪♪

あなたも、この春、おでこを出して爽やかにすごしてみませんか?

2018年3月14日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


発想力に拍手

発想力に拍手

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

先日youtubeで「カラスの巣作り」の動画を検索したら、関連動画として【手作り】シリーズの動画が出てきました!

手作りシリーズで感動したのが、今日の写真の【チャック付のお菓子の袋】

要はお菓子の袋に"チャックを付ける"という非常にシンプルでチープな"カワイイ"ものに変身させるというもの。

この関連動画は色々ありますが、私が観たものは中学生か高校生かの女の子2人の動画。

キャッキャ言いながら楽しそうに作っているのを、見てるだけでも何だか癒されました♪

この袋を誕生日プレゼントの包装紙代わりに、中のお菓子を取り出して、プレゼントと他の種類のお菓子も混ぜてお菓子の詰め合わせも入れてました(^^)

お金のない学生さんのこの発想力に拍手です!!!!

作り方はとっても簡単なので、不器用な私にも出来るから作ってみようと思います。

よく考えるとお菓子の袋って軽くて強いから旅行などにも便利なのでは????と色んな使い方が出来そうで妄想広がります~\(^_^)/\(^_^)/\(^_^)/

ただ、私はお菓子を買ってまで食べないからな~わざわざ袋を作るためにお菓子を買う事に若干の抵抗あり(^_^;)

作り方は、

①袋の端をハサミで切り
②両面テープを使ってチャック(100均)を貼る

以上です。
気になる方は動画検索してみてください!

ごきげんよう♪

2018年 3月 12日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


La Negra ネグラ

La Negra ネグラ

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

昨日の夜中(スペイン時間は3/7)にFacebookのグループで、突然の訃報の投稿が……

「Familia Montoya」のLa Negra (ネグラ)が亡くなったと。。。

Familia Montoya(ファミリアモントージャ)は、約40年前にスペインセビージャのトゥリアーナ地区出身のフラメンコの名門モントージャ家の家長(ファン)の妻であるネグラ、家長の妹カルメン・モントージャとその娘のカルメリージャ・モントージャの3人で結成されたフラメンコグループです。

それも、一糸乱れぬコンパス感で一世風靡した幻のグループ。

そのファミリアモントージャのラ・ネグラの訃報でした。

ラ・ネグラは、あの天下の「ローレ イ マヌエル」のローレの母親であり、当教室の名誉会長であるカルメリージャ・モントージャの叔母にあたります。

私は11年前にスペインで、たった1度だけですが、ネグラにお会いした事があります。

CDで何度も何度も聴いた、映像でしか見たことがなかったネグラに、本物のネグラに会えた時は興奮と感動の嵐でした。

しかしながら、会った時の状況というのが、モントージャ家の身内の方の追悼ミサでしたので、当然はしゃぐ事など出来ず、写真のお願いも出来ずご挨拶のみでしたが、かえってあの時のシーンは今も褪せることなく鮮明に記憶に残っています。

生の歌声を1度も聴けなかったのが本当に残念です(ノ_<。)(ノ_<。)(ノ_<。)

至宝級のアーティストが召される度に、生の、ライブの有り難みを痛切に感じます。

ところで、今週末の土曜ですが、恒例の第2土曜クラシコライブとなっていますが、実は歌姫小山奈美(ホアキーナ)が今年2回目のインフルエンザにかかってしまいまして、急遽、私(アンディーナ)がカンタオーラとして出演することになりました。

そして、ネグラの追悼プログラムに急遽変更となり、ファミリアモントージャの曲を入れましたので、是非足をお運び頂けたらと思いますm(__)m

因みに、「ホアキーナ」も「アンディーナ」もモントージャ家の身内のお名前を頂いているのですが、ネグラに会った11年前の追悼ミサにて、このお2人にも初めて会ったんですが、私達に本当にソックリでビビりました。このクラシコライブに出演のメインのバイラオーラ「カルメン」も勿論モントージャ家のカルメンから頂いたお名前です。。。

Familia Montoyaの
「La Negra」

ご冥福をお祈りします。

*写真の紫×白水玉の衣装を着て踊っているのがネグラです。

2018年 3月 9日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


水玉星人!

水玉星人!

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

現在のフラメンコの衣装は、花柄はもちろん、縞模様や、ヒョウ柄まで、色々な柄が使われるのですが、

昔ながらのフラメンコ衣装というと、水玉の柄が主流です。

ヒターノ(ジプシー)たちの間では、ホクロが美人の象徴らしく、それで水玉模様が好まれるとか、諸説ありますが、本当のところはわかりません。

でも、不思議とフラメンコをやっていると、当教室に限らず、皆、水玉模様が好きになっていきます(笑)

この現象は、いったい何なのでしょう!?

衣装に限らず、普段の洋服、カバン、スカーフ、靴下。。。。あらゆるところに水玉模様が!!!

私は昔は水玉模様が大嫌いで、それでフラメンコを習うのを躊躇したくらいなのですが、今や、完璧な水玉星人。

私の友人も、旦那さまから「もう体に水玉を描いておけば!?」と言われるくらいの水玉星人です。

でも、なんだか楽しいので、水玉がいいんです♪♪♪

あなたも「水玉星人」に仲間入りしてみませんか!?(笑)

2018年3月7日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ