HOME > 教室ブログ > アーカイブ > 2018年7月

教室ブログ 2018年7月

餃子にマヨネーズ

餃子にマヨネーズ

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

今日も猛暑対策シリーズです!

今月頭ぐらいに知った、

「餃子にマヨネーズ」

情報元は弟なんですが、最初聞いた時は、

え?餃子にマヨネーズ????と耳を疑いました。。。

ところが!!!!

想像を越える美味しさなんです( ・∇・)

餃子にダイレクトにマヨネーズそのままでも、

餃子のタレをつけてからマヨネーズでも、

どちらでもイケます!

クセになる味なんです(^-^)/

薄い皮の餃子より、餃子の王将のような餃子にマヨネーズが合う気がします。

今までは、餃子の王将は『酢』のみをつけて食べるのが好みでしたが、しばらくはマヨネーズにハマりそうです。

嘘でしょー(・・??

と思ったアナタ……

是非お試しあーれー(σ≧▽≦)σ

2018年 7月 22日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


猛暑の紫外線から目を守る最適なサングラス

猛暑の紫外線から目を守る最適なサングラス

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

今日の写真は、
UVカット99.9%の薄い黄色のレンズのサングラスで、アンディーナの私物です。

今までは夏は日除け、冬は風避けで、年中黒いレンズのサングラスを使用していましたが、黒いレンズは瞳孔が開くので、結局紫外線を取り込みやすく、目が紫外線を浴び続けると「白内障」になりやすいそうなんです( ・∇・)

違うサングラスに変えないとなーと気になりながらも使っていたんですが、偏頭痛発作重責を発症してから、もしかしたら原因の1つかもしれない!と思い購入しました(^-^)

因みに薄いレンズでも黄色が一番目に優しいそうです。(テレビ情報)

さて、昨日は猛暑ブログを投稿しましたが、この猛暑で、そんなところにまで影響が???という事を生徒さんから聞きました( ・∇・)

その生徒さんは糠床で自家製漬物をつけてるそうなんですが、

昨日の朝、ケースの蓋を開けたら発酵し尽くしたぬかが飛び散り、全滅したそうなんですφ(・・;

もう今年は作らんぞ!と思っていたそうなんですが、『いつか先生の食卓に並べていただけるよう、今から心新たに作成致します』という、猛暑に負けないチャレンジ精神満々の嬉しいメッセージを頂きました!

猛暑を乗り越えた漬物に会える楽しみが出来ました(^-^)/

そして、猛暑真っ只中の今日はクラシコにてグルーポペパのレギュラーライブ!!

体調が良ければ私も観に行きまーす
\(^o^)/

2018年 7月 21日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


世界的にみても暑い国

世界的にみても暑い国

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

猛暑日が続いています( ・∇・)

昨日は日中用事で外に出てたんですが、強烈に暑く……連日、熱中症のニュースをよく耳にしますが、こりゃ酷すぎると体感しました。

最高気温を見て、うわっ暑い!とは思いますが、世界の暑いだろうという国と比べると、ほんまに酷暑なんやーと実感しました。

常夏のハワイで最高気温29℃

エジプトカイロで最高気温37℃

因みに現在の気温で調べた時、
カイロは29℃ 大阪33℃でした。

日本は湿気が多いから実際の温度よりも体感温度はもっと高く感じます。

今年のスーパー酷暑は相当です(;_;)/~~~

熱中症予防として、もちろん水分補給は当たり前ですが、水分だけだと体内のミネラルがどんどん減少するので逆効果。

私は夏になると、ペットボトルの水に梅干1個を潰して入れて水分補給しています。
レッスン時はこれが最高に美味しいです!

そして、最近は冷蔵庫に必ず補充しているのが、今日の写真の【OS-1】です。

しかーし!暑くなってからとか、後から飲んでも遅いということが判明。

昨日外出してたのですが、OS-1を持ち歩くのを忘れ、常に水分補給するのも忘れ、寝る前に念のためOS-1を飲みましたが、今日起きたらぐったりしんどく、目眩やふらつきがあり昼過ぎまで起きれずでした。

"こまめに"水分補給しないとプチ熱中症になるぐらい、今年の夏はかなり危険のようです。

皆様も気を付けてお過ごしください(^-^)/


2018年 7月 20日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


いきなり急成長

いきなり急成長

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

昨年の春より、自宅のベランダ緑化計画キャンペーンというのをやってまして笑

何とか台風にも耐え、冬も越せたのですが、ほとんどの子が痩せ細り、今年も昨年の夏の様に、ジャングルのようなベランダにしたいなーと思いつつ、忙しさと病に伏せていたので、水やりが精一杯という状況に陥ってました( ;∀;)

そんなベランダガーデンの中で…

一体、急にどうしたん???

というぐらい、メキメキと?にょきにょきと?ここ最近の強烈な日照のおかげで、

サボテンが勢いよく成長を遂げております(^-^)

植物って、本当に逞しく、すっかり枯れ果てていても、ちゃんと世話をすると新しい芽が出てきたり、大放置していて忘れていたにも関わらず、ある時急に姿を表したりと…

グリーンを育てていると癒されるし励まされるし、よし!自分も頑張ろう!と自然に思えます。

もう少し体力が回復したら、またまたベランダ緑化計画キャンペーンを開始しよっと(^-^)/

2018年 7月 18日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


久々にフラメンコで感動を味わいました

久々にフラメンコで感動を味わいました

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です。

この度は、長らくご心配とご迷惑を多方面の方におかけし、誠に申し訳ございませんでした。
m(__)mm(__)mm(__)m

当初に比べ、かなり痛みが落ち着いてきまして体調はまだ安定していませんが、徐々に回復に向かっております。

そして昨日、久々に教室に顔を出しました♪

本来なら昨日はアクビ企画主催ライブ【No Border】の記念すべき第1回目のライブ日でしたが……

6/24に開催されたライブ形式の生徒発表会〈Fin de curso vol.1〉の前進会となり、発表会は療養中で出れませんでしたので、前進会は何としても参加したく、無事に参加出来ました(^-^)/

前進会の前半は、出演者の感想や今後の改善点などを各自述べられまして、生徒発表会前の大事な1ヶ月間からレッスンを抜けていた私には、その間の各々の気持ちや発表会に対しての意気込み、本番時の気持ちがよくわかり、

全員が、とてつもない集中力で挑み、結果充実度が高く、純粋に楽しめ、満足の納得いく発表会ライブだったようで、本当に嬉しく思います。

そして、後半は発表会ライブ1部、2部両方のビデオ上映となりました。

ところで、出演者の感想の1つに、今回初の試みのライブ形式の生徒発表会は会場が小さいので客席がとても近いから「客席からの圧がすごいですよ」と聞いていたのに、実際舞台に立ったら、『バックからの圧の方がすごかったです( ・∇・)』という意見があったのですが。。。

1部のトップバッター…アレグリアスが始まると……ほんまに、バックからの圧スゴ!!(゜ロ゜ノ)ノと思うのと同時に、生徒さんの熱が半端ない( ̄□ ̄;)!!!!!!!!

1部のメンバーは初出演、キャリアがまだ浅いメンバー、子どもクラスのメンバー等、老若男女混合のメンバーだったのですが、

気合いやら想いやら…とにかく『気持ち』がダイレクトに伝わる熱い熱いフラメンコでした。

2部のメンバーには、初出演の生徒さんも居ましたが、殆どのメンバーが比較的キャリアが長い生徒さんでしたので、オープニングのセビジャーナスから、しっとり、ドシっとしていて、ラストに向けて熱が徐々に強まるという安定の『成熟度の高い』ライブでした。

全て見終わり…私の感想としては、

1部、2部、全く違うもので(演目はほぼ同じなのに(°▽°))、各部の団体のカラー(個性)が浮き彫りになった、見応えたっぷりの生徒発表会ライブでした。

が、これは両方観て完結しているライブだと感じ、不可能でしたが、お客様には両部ご覧頂きたかったなーとも思いました。( ´△`)

それにしても、

手前味噌ですが、

これ、ほんまに生徒発表会????

と、本当に久々にフラメンコで感動を味わいましたし、フラメンコの原点を思い出させてくれました!!!!

発表会ライブ出演の皆様、本当に本当に【感動】をありがとうございましたm(__)m

そして、発表会ライブ前のラストスパートの1ヶ月の大切なレッスンで、この感動を導くご指導、アシストしてくださった緒先生方、舞踊団のメンバーには感謝しかありません(ToT)(ToT)(ToT)

心からお礼申し上げますm(__)m

私も焦らずゆっくり完全復帰に向けて頑張りたいと思います(^-^)/

Muchisimas gracias!!!!

今日の写真は、6/24(日)に開催されましたライブ形式の生徒発表会Fin de curso vol.1のフィナーレです。

写真上が1部
写真下が2部

どちらも、写真なのに、

舞台からは、勢いのある生々しい熱い気持ちと、客席からは熱い声援が伝わってきます
( 〃▽〃)

2018年 7月 17日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜


1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ