HOME > 教室ブログ

教室ブログ

上京物語 その2  別次元

上京物語 その2  別次元

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

ガルロチ、1部のオープニングは、
カスタネットと椅子を用いた絵画のようなショットも感じる作品でスタート(^o^)

続いて女性のソロでタラント、アレグリアス(バタデコーラ使用)、そして座長の男性舞踊手フェルナンドのファルーカ(椅子を使用)

アッという間に1部が終わりまして、

私達は普通席とスペシャルシートと数人ずつ分かれていたのですが、

スペシャルシートも舞台前と、上手横側と分かれていました。

実はスペシャルシートは、全体のショーを感じつつ、演者の身体の使い方を研究する為に、

1部と2部で前方向と横方向どちらからも見れる様、予約時に上手横側を敢えて2名分お願いしていたのです。

私は1部は前から観ましたが、男女のポーズの「溜め」「見せ方」「距離」たーーいへん勉強になりました。

2部は上手横側から観るので新たな発見に期待膨らみ着席(^o^)

そして、2部のオープニング、舞台中央にスタンドマイクが1本立っていて、踊り手3人は下手後方奥に……ギター、カンタオールが定位置へ。

最後に我らがロサリオ・アマドールが、スタンドマイク前に立ちました!!!

オープニングはロサリオのフェステーラでブレリア。

鋭いコントラの足のリズムからジャマーダでガツーン!!と決める、「小さな巨人」と言わしめるロサリオ印から始まったんです!!!

が、、、、、、、

いつものロサリオのガツーン!!!と決まるのを知ってる私にはかなりの違和感が……

実は今回のグループはロサリオ1人だけがヒターナ。それもただのヒターナではありません。天下の【ファミリアアマドール】

由緒正しきフラメンコの名門一家のカンタオーラなんです。

ロサリオの鋭いリズムに残念ながら誰1人ついていけず…ですが、ロサリオはそんなことはお構い無しに、悠然と唄い出し、それはそれは、ヒターナ特有の誇り高き毅然とした様は素晴らしく、

くーーーっっ!カッコいい( ;∀;)

あーー( >Д<;)どうして?!!!

こんなにヒターノとパージョ(非ヒターノ)は違うんだろう。。。

どれだけすごいスペイン人のアーティストを観ても感動こそすれ、落ち込むことはないんですが、

トップレベルのヒターノの芸に触れると、
“震える感動“と、そして同等以上の“落ち込み“を感じます。

“落ち込み“というのは、あー日本人にはやっぱりフラメンコは到底無理なんかなぁ……という、

ヒターノは明らかに【別次元】のものなんだという事を肌で感じるのです。。。

2部は初っぱながロサリオだったので、その後に続いた踊り手のソロ3曲は、正直なところどうでもよくなってしまいました(^o^;)

が、2部の収穫は、男性歌い手(カンタオール)のマヌエルが伴唱で歌っていた曲でとても美しくカッコいいのが2つありまして、終演後にその事を伝えると何の曲を使ったのか親切に教えてくれました!

ですので、練習して早く使えるようになりたいと思いまーす♪

さてさて、今回のガルロチはブログを読んで頂くと分かると思いますが(先生はあんまりやったんかなーみたいな…(^o^;))

実は結果としては良かったんです!!!!!

1.自分の好きな、目指すフラメンコを改めて見つめ直せた。

2.自分にとって、フラメンコで大切にしている事は何なのか!というのを再確認出来た。

3.やっぱり人生をかけてヒターノのフラメンコに少しでも近づこう!近づきたい!初心忘れべからず\(^^)/をカラダで感じる事が出来た。

からなんです( ≧∀≦)ノ

さてさて、

最後に、

「フラメンコ」に関わっている皆さんに言えること…

大阪から東京へは簡単に行ける距離ではありませんが、スペインに比べるとめーーっちゃめちゃ近いです。

“スペイン現地人のみ“で構成されているフラメンコを生で沢山観て聴いて触れてください!!

フラメンコの五感を鍛える

一番の近道だからです(^.^)

つづく

2019年 6月 19日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



上京物語 その1

上京物語 その1

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

タイトル通り、土曜から行って参りました東京ガルロチ~鎌倉観光の“珍道中“を、今日から連載ブログ開始です(^.^)

さて、行きは「ぷらっとこだま」で新大阪からイベリコスのお2人(植松&小山/因みに2人は「ゴクッとこだま」と呼んでいる笑)と私、京都からは舞踊団の松本(カルメン)が合流し、計4人で品川まで一緒に行きました(^o^)

実は、『珍道中1発目になったかもしれない』エピソードがいきなりありました(^o^;)

ぷらっとこだまの切符は駅員さん常駐の改札を通らねばいけないのですが、この日は“土曜“だし、外国人観光客も多く、まぁまぁ人が並んでまして、

余裕をもって新大阪駅に到着はしたものの、間に合うやろか?と心配になり、その時になって初めて!手にした切符を見たんです。。。

そしたら……

《12:50》発と書いてたんです!!!

え?(゜.゜)?

え?( ・-・)?

《12:50》('_'?)???

あれ?(その時の時刻は11:55)

あれ(丿 ̄ο ̄)丿?

12:05発じゃなかった?

慌てて自分のスケジュール帳を見たら、

やっぱり12:05発と赤で書いてました。

が、再度チケットを見ると《12:50》

チケットが間違えるわけないわなー(^o^)
じゃ私が書き間違えてたんかー(^.^)

って!

出発まで、あと1時間もあるがなー( ´゚д゚)

って!

あっぶなー!!( ; ロ)゚

これ、時間が逆やったら
(出発12:05 手帳12:50)

完全に乗り遅れのサヨウナラ~┐('~`;)┌になるとこやったやーん( >Д<;)

まぁ、お腹も空いてきたのでホームに座って先に弁当でも食べて待ってようと思い、自分が座る車両の前のホームのベンチに向かうと……

人慣れしているスズメが3羽いたのです。

そのうちの1羽は、目の前すぐ(座った時の目線の高さの位置)でバタバタと滞空しながら飛び続けていました。


ちょうど12:00過ぎぐらいでしたので、お昼どき

( ゚д゚)ハッ! 弁当狙いのスズメではないか!

目の前で可愛いのだけど、絶対狙ってくるから、食べられへん( >Д<;)

そうこうしてる内に、早めにアウローラが到着し、新幹線も到着(新大阪始発だからか早めに来た!)

着席するなり私は、すぐにお弁当をガッツきました。

そしてホアキーナも到着~!!!

お二方はもちろん“ゴクッと“で乾杯し、

私は黙々と弁当を食べる食べる~笑

そして、気づけば……

何とーー!!!!快晴ですやん(≧□≦)

流石は、さすが!

アウローラ強烈晴れ女パワーが炸裂です!!!!!!!

そして京都から松本が合流で一段と賑やかになり(^^;

品川では、温泉ブルーのズミちゃん(ロスヒターノス火曜出演の竹内さん)の到着を待ってから、品川からは5人で新宿ガルロチへ。

ズミちゃんは実家が東京だから地元人。

やっぱり地元人の案内は流石です[exclamation]

私達、新宿駅からガルロチまで初めて地下道のみで行きました(≧□≦)ですので、傘いらずで行けましたわー!!!

さてさて、このメンバー以外とは、ガルロチ前に18:00で集合にしてました。

そのメンバー“以外“とは、

ファロリート(出水宏輝)とエリー(温泉ピンク)、

大阪から生徒さんが5名、

転勤で東京に戻った生徒さん1名、

東京の知人1名、

田中先生、そして、

水引家ご一行(奈緒ちゃん、しげさん、リオちゃん、ルイルイ)

の総勢大人17名+幼児2名という、

今回も大所帯となりました( ≧∀≦)ノ

本番前にロサリオや他のメンバーとも挨拶が出来、プレゼントも渡し、食事も楽しみながら期待が膨らむ中、

なーーーーーんと、東京のチャチャ先生もお弟子さんとご来店!!!!!!!!

まるで、親戚の集まりみたいになりました(≧□≦)

チャチャ先生は全く変わらず元気でお美しく。。。

一体どうやったら、あぁなれるのだろうか???(@_@)

さて、客席はもちろん満席!!!

いよいよ開演です♪

つづく

PS.今日の写真は、今回のメンバーの紹介のフライヤーと、私がオーダーした料理の「タパスセット」です。

2019年 6月 17日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



やはり大荒れ模様

やはり大荒れ模様

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

いよいよ、明日は東京のガルロチへ、ロサリオに会いに行ってきます!

が、明日は全国的に雨!しかも風も強く大荒れらしいんです(@_@)(@_@)(@_@)

そりゃ雨女のお出かけですから(^o^;)

あー( >Д<;)何着ていこう……困るわー(*_*;

それは、さておき久々のロサリオの生声と、久々のスペイン人の舞台!

とーーーっても楽しみです。毎回ガルロチでは気づきと学びがあるので、今回のガルロチでは何を吸収出来るのかとても楽しみです(/^^)/

そして東京泊した翌日の日曜は、

初の「ジブリの森美術館」~の

初の「鎌倉」、初の「江ノ電」と、

初づくし!!!!!

最近体調が優れないアンディーナなので、ちょっと不安ではありますが、体力を試す為の遠征のつもりで行って参りまーす(^-^)/

ごきげんよう♪

今日の写真は、先月、田中先生がガルロチ(東京)に行かれた時に撮影された富士山です。

この写真を見て北斎の富士山やーんと思いました。
明日は雨だから富士山見えないですね(ToT)

2019年 6月 14日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



6歳以上のお子さまがいる方は必読~

6歳以上のお子さまがいる方は必読~

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

さて、本日6/6は「お稽古を始めるのに最適の日」なのだそうです。

久々にポチっとから、どうぞー(^-^)/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

昔から6月6日は習い事を始めるのに良い日とされています。

現に「楽器の日」、「邦楽の日」、「いけばなの日」などのお稽古の日と正式に定めています。

こうしたしきたりの由来はどこから来たものでしょうか?

その答えのひとつに、

『稽古始め』のしきたりがあげられます。

楽器や舞踊など伝統芸能の「稽古始め」は6歳の6月6日がよいとされ、歌舞伎、能、狂言でも「初稽古(はつげいこ)」と呼んで、その日に稽古を始めるべしとしています。

室町時代に能を大成した
世阿弥(ぜあみ:1363〜1443)の著
『風姿花伝(ふうしかでん)』によりますと、その冒頭に習い事を始めるには、

数え七歳(つまり満6歳の年のうち)がもっとも良いと説いています。

番外編ですが、「指の形」由来説も紹介しておきましょう。

まず、指を使って数を数える時に手の平を開いた状態から指を折って数えていくと、6の数字の時に小指が立つ形になります。「小指が立つ」→「子が立つ」→「子供の独り立ち」という意味で6歳の6月6日になったという説です。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

初耳ー!!!!!!!!

さて、今日、南森町スタジオでは、子どもクラス(木曜16:30~17:15)の日でした[exclamation]

五感を刺激し、感性を研ぎ澄ませるのに最適なフラメンコ。

そして、フラメンコは「個」の芸術でありながら、ギター、カンテ(歌)、と三位一体で、《共存意識》も必要なのです。

共存意識は、チームワークにおける大切な要因の一つですが、

私の思う共存とは、

“仲の良さ“ ではなく、

“同じ目標に向かっているかどうか“ ということ。

これからの時代は、多様な社会が当たり前になっていきます。

ですが、

まだまだ、日本の教育や社会は、
画一的だと感じます。

日本人の持つ、思いやりや調和という美しい感性を持ちつつ、個の感性を併せ持った、ハイブリッド感性を持って共存出来れば、

ワクワクo(^o^)oが広がり

将来、何でも出来そうだし、何にでもなれそうです(/^^)/

是非、感受性豊かな子どもの時からフラメンコを始めてみてください!

新学年での学校生活も落ち着いてきた頃かと思いますので、是非体験レッスンにいらしてみてくださいね(^-^)/

★子どもクラス★

忍ヶ丘教室:毎週水曜16:00~16:45

南森町教室:毎週木曜16:30~17:15

ごきげんよう♪

今日の写真は、老若男女問わず世界中で愛されている「ワンピース」。

“麦わらの一味“は、正にハイブリッド感性のチームだと思います!

2019年 6月 6日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



ファロリートが四半世紀を迎えました

ファロリートが四半世紀を迎えました

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

本日5/28はグルーポペパ黒一点の出水宏輝(ファロリート)の誕生日!

25歳(四半世紀)を迎えました。

アッ(゜O゜;という間に、もうそんな大人になったんかいなーというのが正直な気持ちです。

さて、25歳を迎えたファロリートですが、今年の夏新たな挑戦として、

日本フラメンコ協会主催の新人公演に出場します!!!

ファロリートの出演日は8/24(土)、
是非是非、皆で現地に応援に行きましょう(^-^)/

新人公演のチケット御入り用の方は、直接ファロリートまでお申し付けつけくださいね。
宜しくお願い致します(^.^)

写真は昨日の男子クラスのレッスン後、ファロリートのプチ誕生日会として、田中先生お手製のフィデウア(パスタのパエジャ)を頂きました(^-^)/

ごきげんよう♪

2019年 5月 28日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



大盛況に終えました

大盛況に終えました

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

昨日は天気予報通り、暑かったですねー(@_@)

恒例の北船場茶論のまちなかイベントは、
今年も大盛況に終えました[exclamation]
(写真は、2回目19:30~の舞台です)
ご来場の皆様ありがとうございましたm(__)m

私は今年初めて客席から見たのですが、改めてなるほどね( *´艸`)という発見や気付きがあり勉強になりました~!!!!

実は当日ハプニングがあり、舞踊団の上野典子が負傷、急遽出演出来なくなったのですが、

さすがはグルーポペパ、当日にもかかわらずフォーメーション等、急な変更にも何事もなかったかのように華やかで迫力ある舞台で魅せてくれました(^-^)/(^-^)/(^-^)/

そんなグルーポペパは、毎月第2、4土曜に
お初天神にあるイタリアンバル《クラシコ》
に出演していますので、是非お越しくださいね。

ごきげんよう♪

【クラシコ情報】
毎月第2、4土曜
20:00開演
チャージ:1,500円
(小・中学生は750円未就学児は無料)
ワンドリンク・ワンフード要
ご予約は06-6311-0003


2019年 5月 26日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



イベリア展示会今日からスタート

イベリア展示会今日からスタート

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

今日もとても暑いですが、明日は今年一番の夏日だそうですね(*_*;

北船場まちなかイベントは、いよいよ明日です!

まちなかイベントスケジュール
↓↓↓↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
5/25(土)
*無料でご観覧頂けます。

1部16:00~16:20

2部19:30~20:00

場所:本町ガーデンシティ

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

熱中症に気をつけてお越しくださいませ(^-^)/

さて、本町と言えば、恒例の
イベリア展示会が、本町シキボウビル7階にて、

今日から5/26(日)の3日間で開催していますよー。

明日はイベリア展示会込みで、北船場界隈を食べ歩き散策、そして、グルーポペパのショーを満喫してみてはいかがでしょうか(/^^)/

ごきげんよう♪

今日の写真は、イベリア展示会の会場です!
衣装、レッスンスカートはもちろん、
フラメンコシューズ、小物、アクセサリー、花、CD.DVD、スペイン雑貨etc……

フラメンコ商品全てが揃います(^.^)

2019年 5月 24日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



GPSフラメンコ

GPSフラメンコ

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

毎日暑い日が続きますね(@_@)何でも環境省が、熱中症対策に男性への『日傘』を推奨しているらしいですー。

今年の父の日は、『日傘』が人気かもしれませんね。

さて、最近チャリ活している私は、スマホのマップアプリで、やっと【ナビ】の使い方がわかり大活用しております!!!

今日のタイトル【GPSフラメンコ】ですが……

“GPS“ 

私でも何の事かは知ってますが、一応ポチっとから!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

地球上の現在位置を、人工衛星からの電波で測り知る装置。

全地球測位システム。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

なんですが、地球上の「現在位置」を人工衛星からとは、即ち「宇宙」からなんですが、

レッスンの基本の基本の立ち方、バランスを説明するときに、必ず言ってるのが、

身体の軸を宇宙の彼方まで引っ張り続けて下さい(胴体の芯から上半身は宇宙の彼方まで、胴体の芯から下半身は地面を突き抜けて宇宙まで……略)と、宇宙に立っている感覚!( ≧∀≦)ノ

「軸」は自分の身体だけでなく、自分と対象物(例えばペアであったり)や振付での移動先(次に進む方向)にも繋げる感覚が養われると、

より“立体的“で“説得力のある“フラメンコ(踊り、カンテ、ギター、パルマ全てを含みます)になるのですよー(^-^)/
(因みに音にも当然「軸」があります)

で、空間把握も出来るようになるので、立ち位置の苦手意識も克服出来ますし、

物事を広い視野で客観的に見る(俯瞰的に見る)という感覚まで、もれなくついてきます笑

で、これまでレッスンでも何やかんやと色々説明してきたのですが……

昨日のレッスンから、

今では日常に慣れ親しんでいる

【ナビ】機能で説明すると……

生徒さんの身体の使い方がいっぺんに良くなり変化があらわれました!!!!!

という訳で、【GPSフラメンコ】レッスンをお楽しみに~(^.^)

ごきげんよう♪

今日の写真は、最近自転車に取り付けた
『スマホホルダー』めちゃ大活躍してまーす[!!]️

2019年 5月 21日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



私達のファミリアがガルロチに~

私達のファミリアがガルロチに~

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

ここ最近は暑い日が続く毎日です。この時期に熱中症になる方も多いそうですので、こまめな水分補給が必要ですね(^o^)

今週末土曜はいよいよ、

【北船場茶論】のイベントですよー!

是非いらしてくださいね(^-^)/

さてさて、東京新宿にあるタブラオ【ガルロチ】ですが、こちらのタブラオはスペイン人アーティストを招いてのショーを展開しています。

アーティストにより滞在期間は異なりますが、
実は5/17(金)から新しいメンバーに変わったのですが、な、な、な、な何と!

そのメンバーのカンタオーラが!

《ロサリオ・アマドール》なんです( ≧∀≦)ノ

ロサリオと言えば、バリバリのヒターノフラメンコ一家、ファミリアアマドールの一員。

天下の“神の声“を持つカンタオール「ファン・ホセ・アマドール」の姪で、最近人気のギタリスト「ラモン・アマドール」のいとこなんです。

そして、ロサリオは当教室の生徒発表会では、ゲストカンタオーラとして毎回出演してくださっている、私達のファミリアでもあります(^.^)

今回のグループは6/16(日)までガルロチにてショーをされていますので、機会があれば是非観に行かれてはどうでしょうか(^-^)/

因みに私は6/15(土)、最終日前日に行ってきまーす!

ごきげんよう♪

今日の写真がロサリオで、ガルロチのアーティスト紹介の動画から拝借したものですが、着用している「すしTシャツ」実は私が何年か前にプレゼントしたものなんですが、着てくれていて嬉しいです(*^^*)因みに私もお揃いで持っています!

2019年 5月 20日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



カルメンがロス・ヒターノス出演

カルメンがロス・ヒターノス出演

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

長いGWもあっという間に終わりましたね。

さて、嬉しいお知らせがあります。

舞踊団の松本名保子(カルメン)が、ロス・ヒターノスにてレギュラー出演が決まりました!!!

今月から第2木曜に、ロスヒターノス閉店(今年の9月)までの短い期間ではありますが、出演致します(^o^)/

現在ロス・ヒターノスに出演の石川組メンバーは、

毎週火曜に舞踊科主任講師の
棚原美和(アンディーナ)

毎週木曜に舞踊科講師の
植松知子(アウローラ)

第2木曜に舞踊団の
松本名保子(カルメン)

第4木曜に舞踊団の
上野典子(マレナ)

が出演しています(^o^)/

まとめますと、

毎火曜 :棚原美和

第1.3木曜:植松知子
第2木曜:植松知子/松本名保子
第4木曜:植松知子/上野典子

そして、カンタオーラの小山奈美(ホアキーナ)は上記全てに出演していますよ(^.^)

これからは、お出かけしやすい季節になりますので、是非ご来店くださいね!

松本名保子(カルメン)は、明後日5/9(木)
が出演初日となります。

どうぞ宜しくお願い致します(/^^)/

ごきげんよう♪

写真上が、ロスヒターノス毎週木曜出演の
植松知子、
写真下の左が、第2木曜出演の松本名保子
写真下の右が、第4木曜出演の上野典子

2019年 5月 7日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ