HOME > 教室ブログ

教室ブログ

フラメンコ衣装の着まわしテク

フラメンコ衣装の着まわしテク

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

最近はインターネット、SNSのお陰で簡単に「世界」と繋がることが出来るので、欲しい情報が手に入りやすいですよね。

私は、スペインのフラメンコ衣装のショーや踊り手さんの写真や動画から、衣装デザイン、色使い、柄使い、小物の合わせ方を参考に、新作衣装や手持ちの衣装でのコーディネートを楽しみながら探究しています(^.^)

私の場合、衣装、小物も手持ちの“数“があるのは強みではありますが、

コーディネートすること自体が、
『楽しい(≧□≦)』という気持ちが一番大事かもしれません。

昨晩Facebookを見ていたら、ピン!とくる衣装コーデがあったので、それに似せたコーデを皮切りに、どんどんインスピレーションが湧いてきて、

あ、これとこれを合わせてもいいやん(^.^)

あ、これも使えるんちゃう???と、

次から次へ衣装ケースから引っ張り出し、

結果!

新しい衣装コーディネートが4点生まれました(^o^)/

うち1点のオーバーロングブラウス(黒)は完全に「普段着」を使用したコーデです。

普段着を普段着に感じさせない(見せない)で、且、
【フラメンコ】に見せるというのがコーディネートの醍醐味です。

ところで、衣装のコーディネートしかり、

踊り、カンテ(歌)、ギター、パルマも

【フラメンコ】かどうかは、

どれだけ本国スペインのものを見聞きし、

特に【匂い(香り)】をどれだけ、

“身体に染み込ませている“かではないかと思います。

匂い(香り)を身体に染み込ませ、落とし込むには、ライブ(生)で何度も何度も感じるしかないと思うので、公演やクルシージョ等は機会があればどんどん出かけて吸収して欲しいです!

因みに、昨夜生まれた新コーデ4点は、
神戸元町にある、タブラオロスヒターノス(私は毎週火曜に出演しています)にて来週の火曜から着用しますので、興味のある方は是非足をお運び頂けたら幸いです( ≧∀≦)ノ

ごきげんよう♪

今日の写真は、私が気になった衣装達の一部です!

気になったものは携帯にどんどん取り込んでます(^.^)

2018年 2月 8日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾

フラメンコの練習道具になるシリーズ第2弾

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

今日から2月です。あっと言う間に1月が終わってしまいましたー。

2月は「如月(きさらぎ)」と言いますが、語源は“寒さで着物を更に重ねて着ること“から、 “衣更着“が有力説だそうです。

それにしても、今年は本当に暖冬過ぎます(*_*;

寒いのは嫌ですが、地球温暖化をここまで感じる恐怖よりは“衣更着“で冬を越したいです。

さて、前回のブログに続き、冬グッズを使ってフラメンコのスキルアップの方法をお話したいと思います。

冬グッズの定番【手袋】を使います(^_^)v

素材は何でもいいですが、なるべく指の形がはっきりわかり、隣の指の感覚もわかるようなものがオススメです。

薄手がベストで、無地で白以外の方が分かりやすいかと思います。

スキルアップの目的は、
フラメンコの【手首、指】の

回し方、通り道をしっかり把握し、止まらずに、美しく流れるように5本それぞれの指が自立しているように使う為です。

手袋をはめて練習するだけなんですが、手袋をすることにより、どの指が“止まっている“とか、通り道を“はしょっている“かが、

【一目で】分かります!!!!!

それと、手袋をすることにより指の感覚を感じやすくなります\(^^)/

手袋をつけて練習した時の感覚が身につくと、5本それぞれの指への意識が芽生えるので、表現が広がります(^.^)

是非試してみてくださいね。

因みに私は道を歩く時は、太陽の影を利用して手首、指の練習をしています。

影もよくわかるんですー!

ごきげんよう♪

2018年 2月 1日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク

フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

さて、今日の画像の「PITTAマスク」CMで知ったのですが、やっとカラーマスクの登場にめっちゃ喜んでいるアンディーナです!!!

私は本当に風邪を引いた時、風邪を引けないイベント前の風邪予防、黄砂がひどい時期に、

渋々つけるという、マスクはなるべく着用したくないタイプです。

というのは、マスクにより全身のトータルコーディネートが台無しになるからです(*_*;

以前から、カラーマスクって何で無いんやろ?と思っていたので、このマスクは絶対買おうと思っています!!!

ピッタマスクをポチっとすると、機能も素晴らしく、

・商品名通り顔に沿ってピタっと密着

・通気性はいいが外気はシャットアウト

・耳も痛くならない柔らかいポリウレタン素材

・洗って使える

等々、

最後の“洗って使える“は1日3回洗って1ヵ月で、耳かけ部分がヨレっとなる感じだそうですよ。

3枚入りでワンコイン[!!]️ と、コスパも高い素敵な商品です\(^^)/

さて、今日のブログタイトルには、

【フラメンコの顔の向きをつける道具にもなるマスク】とありますが……

特に初心者の方や、頭ではわかってはいるものの、“顔の向き“をつけるのをついつい忘れてしまう方には是非試して欲しい、とっても簡単な方法です!

それは!

レッスン時、「マスク」をつけてお稽古するだけ(^.^)!

たったこれだけなんです(^.^)

例えば、

体は斜めに向きをつけていて、
顔は正面(鏡の方)の場合、

マスクをつけていると自分の“顔の向き“がより明確に鏡に写っているので気付きやすいし、修正しやすいのです。

ブエルタ(回転)でも、マスクの力を発揮します!

ブエルタで、ふらついてしまう原因の1つに

“顔の向きがついていない“があります。

『体は先に回る方向へ、その際、

“顔(マスク)は鏡の方になるべくギリギリのタイミングまで残し“ たら、

すぐに “顔(マスク)から先に、振り返り“

後から体が戻ってくる。』

と、【マスク】が顔にあることで、見た目にはっきり分かりやすいのです。

他にも体に対して、顔の向きを“横“や“斜め上“につける際に、頭部まで身体の軸の意識が通っていないと、顔(頭部)が傾いてしまう方がいますが、これもマスクを付けることにより、しっかりと目で確認出来ます(^.^)

顔の向きを体得するのに、マスク使用の多いこの冬の時期はオススメです。

マスクを付けてると息苦しくなる~という方には、ちょうどこのPITTAマスクが良いと思いますよー!

ごきげんよう♪

2018年 1月 25日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



バ、バ、バ、バレンタイン

バ、バ、バ、バレンタイン

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

“えべっさん“が終わり、次は“節分“だなー、早いなーと思っていたら、節分を飛び越えてバレンタインの情報が飛び込んできました!(ちちんぷいぷい情報です(^.^))

【あべのハルカス近鉄百貨店】で、今日から2/14まで、《バレンタインショコラコレクション》を2/14まで開催だそうです。

私は義理チョコ、友チョコ、自分チョコも買わないので、バレンタインは“ほぼ“興味ないのですが、その私が食い付きました!!!!

何でも、

チョコレートバイヤーの「みり」さん(チョコレートを求めて世界中に買い付けをしているチョコレートマスターで本も出版されてます)

という方が選んだ、レア&プレミアムコーナーがあるそうで、

“みり“さんが今、大注目しているのが、オーストラリア産のカカオから作ったオーストラリアのチョコレート(^o^)

オーストラリア産のカカオは珍しく貴重だそうで、紹介していたのが、

タスマニア洲のカカオ、ミルク、ベリーを使用したチョコレート!!!!!

おーーーーー!!(゜ロ゜ノ)ノ

“タスマニア“!!!!!!!!

イオンのタスマニア産の牛肉が好きな私は、

《タスマニア産》に食い付きました[exclamation]

試食したアナウンサーの感想は、
「ミルクが豊潤で甘いけどしつこくない」

食べてみた~い!

続いて、、

“モロゾフ×近鉄百貨店×チョコバイヤーみり“

による、「限定品」の紹介で、

【チョコレートプリン】

こちらの感想は、

「チョコレート感が濃くミルクの香りが食べた後にふわっと残る」

むむむ( ゜o゜)

こ、こ、こ、これも食べてみたい!!!

チョコレートプリンは、ワンコイン(500円)でお釣りが来るし、サイズも大きかったですよー。

この2つは期間中に絶対買いに行こう(⌒0⌒)/

ごきげんよう♪

2018年 1月 18日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



ビブリオバトル

ビブリオバトル

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

テレビを有効活用している今日この頃(^.^)

さてさて、MBSアナウンサーの番組で毎週木曜深夜0時59分に放送されている【コトノハ図鑑】という番組はご存知でしょうか。

テレビがまだ家に来る前、2ヵ月ぐらい前に、たまたま1~2度見て知ったんですが、面白いし、ためになる番組なんです!

どんなんかというと……

番組ホームページより
どうぞ(^.^)

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

人が生み出した最高のコミュニケーションツール「コトノハ =言葉」を深く知れば、人生が少し豊かになる!

MBS アナウンサーが言葉を「学ぶ」ことを通して、発見を届けます!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

という番組。



今日も帰ってきたら、ちょーど始まるところだったので見たんですが、

今日は、4名のアナウンサーによる、

《ビブリオバトル》をやってました。

ビブリオバトル‥初めて聞きましたねー。

最近流行ってるそうなんです( ・-・)



ポチっとから、どうぞ!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ビブリオバトルとは、

みんなで集まって5分で「本」を紹介。

そして,読みたくなった本(=チャンプ本)を投票して決定する、スポーツのような書評会。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

要するに、各自のオススメの本をプレゼンするのですが、プレゼンの良し悪しではなく、どの本を読みたくなったかで決めるそうなんです。

このビブリオバトルは元々は京都大学から広まったそうですよ!

そして!

今日のブログ写真が、番組内のビブリオバトルで最後に残った2冊で、

見事チャンプ本に輝いたのは、

《このゴミは収集できません》の方でした。

私はどちらも読みたくなったので、購入しようと思っています。

番組ではプレゼンの持ち時間は1人2分だったのですが、流石はアナウンサー!!!!

2分をきっちりピタっと使いきり、内容はもちろん簡潔で聞き易く、プロのプレゼンは本当に素晴らしかったです。

フラメンコのライブではMCをすることもありますので、私がテレビを見る時に着目しているのは、

・アナウンサー

・芸人さん(特に番組を持っているメイン司会者)

・通販番組(特にジャパネットたかた)

の喋り方です( *´艸`)

因みにテレビを見るようになった最近、
一番興味深く面白いなと思うのは【CM】です。

ごきげんよう♪

2018年 1月 10日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



驚きのVR再生機能

驚きのVR再生機能

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

今日から寒くなると聞いてましたが、本当に寒いです!!!!

年末年始があまりにも暖かすぎたので、今日の寒さも本来の冬に比べたら、まだマシな方ですね。

さて、昨日、「YouTube」でフラメンコを観ていたら【VRで再生】というボタンがあることに気付きまして…

何だこれは????と、押してみたら、画像が2つに分かれたんです。

そのフラメンコの動画はVRなんてものが無い時代の動画だったので、

あれ? 

このボタンで自動的にVRに切り替わるようになるってこと????

そこで、あーーーーーーーーーー(*゜Q゜*)

そう言えば、前に妹から誕生日プレゼントでVRが見れる3Dゴーグルもろたがなー[exclamation]

と思い出し(前のスマホは機種が古かったから使えずで、ずっとしまい込んでました)

ゴーグルにスマホをセットして見たら…

うわー!!!!!!!近い!!!!!

普通にyoutube見てる映像と全然違うんです[exclamation]

凄いーーーーーーーーーー!!!!!!

そして、自分が踊ってるのも検索してVR再生で見てみました。

かなりリアルな見え方で、自分の舞台の姿を客席から見るなんてことは絶対不可能と思ってましたから、(もちろん生で見るのとは違うでしょうが)進化している時代に感動!!!!

AIロボットも続々と開発されてるし、

これからの時代、一体どんな風になるのでしょうかね……

怖いなと思う部分も多々ありますが、《ドラえもん》の世界がリアルになるかもしれないし、そういう意味では、めっちゃワクワクします(^.^)

まずは、VR再生でフラメンコの更なる研究が出来る事にワクワクしております!

ごきげんよう♪

今日の写真は、youtubeの「棚原美和タラントUNICO 2017」をVR再生にした画面です。

2018年 1月 9日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



ベレー帽発祥の地

ベレー帽発祥の地

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

お正月から私の家にも、とうとうテレビが登場しました(^.^)

電化製品があるだけで「人の暮らし」を感じています(^^;

さて、3日に【石原さとみのすっぴん旅inスペイン】という、

スペインのバスク地方を訪れる旅番組を見ました。

バスク地方とは、

ピレネー山脈をはさみ、スペインとフランスの両側ににまたがる地方で、

そこに住む人々はバスク人と呼ばれ、ヨーロッパの他の地域とは異なる“言語“を持ち、独特の文化を育んできました。

近年では《美食とアートの都》としても注目を浴びている地域ですので、大人気なんです(^.^)

ちょいちょいバスク地方の中の「サンセバスチャン」という“バルの街“を取り上げているテレビ番組も多いので、耳にしたり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

私はまだバスク地方には行った事が無いので、是非食べ歩きをしてみたいなとは思っていたのですが、

この3日に見た番組では、石原さとみがベレー帽専門店に立ち寄ったシーンがあったのですが、

何と!ベレー帽はバスク地方が発祥の地らしいんです(゜ロ゜)

ポチっとからどうぞ!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

元々はバスクの男性のトレードマークで、冬にかぶるもの。

色でどこ出身かも分かるようになっていて、

ビスカイア(ビルバオ)渋く黒。

ギプスコア(サンセバスチャン)海の青。

ナバラ(パンプローナ)情熱とワインの赤。

フランスバスクが白。

フランスバスクで被られていたものをファッションとしてフランス人が世界に広めたそうです。

因みにパンプローナの牛追い祭りでは【赤】を皆被ってます。

牛追い祭りはスペインではなくてバスクの文化で、フランス側のバイヨンヌでもやっています。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

へーーーーーーーーーーーーー!!!!!

全く知らず、初耳知識♪

番組では、色とりどりのベレー帽が売られてて、石原さとみはかなり悩んで悩んで何点かに絞ってお会計してもらったら、かなり安かったので、じゃあ、あれも、これもと結果爆買いしてました!

かなり良質な感じなのに、1枚2,000円台だったら、そりゃ爆買いするよね~って……

私もベレー帽発祥の地の、このお店に行って買いた~い!!!と思いましたので、

スペインでの新たな目的が出来ました♪

今日の写真のお店が、石原さとみが爆買いした、ビルバオにあるベレー帽専門店【GOROSTIAGA】です!

ごきげんよう♪

2018年 1月 6日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

昨年を表す漢字は【災】でしたが、今年は元号も変わりますし、地球規模で明るい世の中に向かう事を切に願います。

さて、スタジオも今日からレッスン開始となり年始の恒例行事のワンスプーンもスタートです(^.^)

今年の問題は難しいかもしれません……(^o^;)

今日の写真は、アンディーナの部屋の飾り棚の一部なんですが、写真中央の黄色い「手」のような形をしているもの、何かご存知ですか?

これは【仏手柑】と言いまして、
柑橘類の一種。

名称はその形を合掌する両手に見立て、
「仏の手」と美称したものだそうです。

食用というより観賞用で、収穫が12~3月ぐらいなので、昔からお正月用の飾り付けとして使われていたそうなんですが、

私はついこないだの大晦日、スタジオの手前にある花屋さんで見かけ、初めて知り購入しました!

めっちゃ可愛いし、名前と容姿からして有難い感じが年始にピッタリです(^o^)

そして、横の缶にはクリスマスの飾りなんですが、スペインのクリスマスは1/6までなので、

和西コラボのデコレーションです\(^^)/

ごきげんよう!

2018年 1月 4日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



年末年始は模様替え

年末年始は模様替え

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

あっという間に平成最後の大晦日を迎えてしまいました(*_*;

昨日は、姪が京都の下宿先から実家に戻る引っ越しの手伝いをしてまして、家電製品や家具等、数点を私の家で引き取る事になりました。

な、な、な、何と!

テレビがやってきました(^o^;)

他にも電子レンジ、電気ストーブetc……

人並みの生活スタイルになってしまう(^^;

何故か微妙な気分です笑

物が一気に増えたので、年末年始は、部屋の模様替えと断捨離大会になりそうです。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいね。

*今日の写真は、引っ越し時に前を通った時に車内から撮影した東寺の五重の塔です。

2018年 12月 31日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



ひ孫世代へ

ひ孫世代へ

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

昨日、ロスヒターノスでの最後のクリスマスライブは大盛況に終えました。

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

さて、【ロスヒターノス】での“最後の“というのは、残念ながら、来年11月で閉店となりますので、来年のクリスマスライブはロスヒターノスで開催出来ずですので、今年で最後だったのです。

余談ですが、神戸元町の老舗タブラオ【ロスヒターノス】は、日本で二番目に古い歴史あるタブラオなんです。

一番古いのは、東京にありましたタブラオ「エルフラメンコ」だったのですが、こちらも閉店され現在は《ガルロチ》として新しく生まれ変わって営業されています。

因みに、クリスマスライブ自体は来年からも場所を変えて開催し続けますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します\(^^)/

さて、当教室の創始者の石川敬子先生は、
このロスヒターノスでデビューされ、そして人生の最後もロスヒターノスの舞台の上で幕を閉じられましたので、私達にとってロスヒターノスは特別な存在。

石川敬子先生他界後は、残されたものが一丸となり“追悼“の意味合いでクリスマスライブを始め、その間に石川先生を知らない世代、いわゆる孫弟子達も成長し、弟子と孫弟子が同じ舞台に立ち…と、石川敬子イズムが続いている中、

昨日、最後のロスヒターノスでのクリスマスライブで!!!

ある意味記念すべき、最後のクリスマスライブの2部のショーで!!!!!

ひ孫世代がデビューを果たしました!(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)

それも、田中先生の実の孫のリオちゃんです!

田中先生の実の娘の奈緒ちゃん(アルバ)は、それこそ石川敬子先生の弟子ですから、リオちゃんは直系の【ひ孫弟子】!!!!!

師匠、弟子、孫弟子、ひ孫弟子、一同が揃うロスヒターノスでのラストステージ……

昨夜の舞台に立っているときより、改めてブログを書いている今になり、これって、スゴいことやん( ゚д゚)ハッ!って、鳥肌立ってきました(*_*;

石川敬子先生は生前

「日本人にフラメンコなんて到底無理で‥現地人に真に認めてもらうには、現地で住んで、尚且つ現地人と結婚して子供を産み、その子供が子供を産み、孫世代でようやく認められるかなってぐらいなもんよ。というぐらいの気持ちで真摯にフラメンコに向き合いなさい」

と、よく仰っていました。

石川先生がフラメンコを始めた時代から見ると、現代はドラえもんの21世紀にかなり近く、何でも簡単に、何でもすぐ繋がる時代…

リオちゃんが大人になる頃の「フラメンコ」

果たしてどうなっているのかわかりませんが、その時代にも石川敬子イズムが着々と流れているように、まだまだ頑張らなあかんなー…と、

感慨深くもあり、フンドシをしめなおさねば!

という気持ちにもなり……

「石川敬子フラメンコ教室」の、

“時代“の、“歴史“の分岐点の立ち会い人なんだという、《ウォーター》!!!!!!!を感じています。

ごきげんよう♪

*今日の写真は打ち上げの時に撮りました!
リオサンタと石川敬子先生。
感無量( ;∀;)


2018年 12月 25日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ