HOME > 教室ブログ > 2ページ目

教室ブログ 2ページ目

スペイン便り~♪ その15 ヘレス最終日

スペイン便り~♪  その15  ヘレス最終日

Buena!(ブエナ!)
カンテ科アシスタントの小山奈美です。

いよいよ今日は、ヘレス最終日。

あっ!という間でした。
いろんなことがあり、いろんな人とつながって、友達の友達は皆友達!みたいなことにいつのまにかなっていて、日々新鮮な驚きと喜びを感じました。

この旅の相棒、アウロラこと植松さんは、今朝早くから最後のレッスンに出かけて行きました。
そして私はといえば、昨日ですべてのレッスンが終了し、この旅で初めて、夜中に一度も目を覚ますことなくぐっすり眠りました。

今回ヘレスではミゲル・ラビ氏にレッスンしていただきました。かなり昔、大阪にエル・フラメンコがあった頃に若手の歌い手として出演していた彼は、今は2人の子持ちのいいお父さんであり、CDデビューもしていてかなり売れっ子になっていました。
なんとミゲルは私たちのアパルタメントのすぐ近くに住んでいるそうで、なんとなんとギターを背負って通い師匠してくれました!!
レッスンはだいたい11:00から1時間か、2時間、多い時は3時間。
みっちり教えていただきました。

初日は見知らぬギターを背負った男性が来て、受付の人も怪訝そうな表情で見ていましたが、次の日にはアパルタメント中のあらゆる人に、あんた歌歌ってるんか?聞こえたでー、ええやんか、頑張りよし!みたいなことを言われました。ヘレスの人達も、そしてヘレスに来ている外国人も、本当に歌が好きなようです。
アパルタメントの部屋で、こんな大声で歌っていいの???
と最初は少し戸惑いましたが、まったく問題なかったです。
なんせ道歩きながらでも広場でも、街中のあちこちのバルでも、時間に関係なく歌いまくっているんですから。
歌っているのは、たいてい中年以降のおじさん、おばさん達で、歌う時は大声で歌います。それがなんとも味があるのです。

そんなこんなで、非常に恵まれた環境の中で、かなり短期間ながらミゲル師匠にはたくさんのことを教えていただきました!
これからがいよいよ始まりです。長い長い長い道のりになりそうですが、poco a poco(少しずつ)より自然にフラメンコに近づけるようにこの道を歩いていきたいと思います。

さて!今日もヘレスは快晴。
明日早朝の出発まで、エンジン全開フルスロットルでいきますよっ!!


2019年3月9日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その14 部屋で滝修行?!


Buena!(ブエナ!)
カンテ科アシスタントの小山奈美です。

ここヘレスでの生活も、あと2日を残すのみとなりました。
昨日まで3日間ほど曇りと雨降りの空模様でしたが、今日は快晴!!

私たちが宿泊しているアパルタメントの部屋には、キッチンもシャワーも付いています。朝は食パンにチーズやハムをはさんで、部屋で食べてから1日がスタートします。食パンは、昔懐かしの2枚ずつ縦に入れ、焼きあがったらボンっと出てくるトースターで焼きます。慣れてるはずなのに、毎朝ボンって出てくるパンにビックリしてしまいます。

ビックリと言えば……
お部屋のシャワーの形状が初めて見るもので、使い方の説明も何もなく、ここに来てまず最初にシャワーを浴びた時、とりあえず2つあるスイッチを適当に回してみたら、上からドドっと水が!!ひや~~~っ!
いきなり滝修行のように冷水を浴びてしまいました。

あとになってその仕組みがわかりました。
上のノブ(スイッチ?)には4つの段階でカチッと切り替えができるようになっていて、まず右周りに1つずつに回して行くと、手持ちのシャワー→中段の2か所からシャワーが出る(身体を洗う)→頭上からシャワーが出る(髪を洗う)→滝修行のようにどっとまとまったお湯が出る、というように、お湯の出る場所が変わるのです。

下のノブは、お湯の温度調節とON・OFFの役目。

最初に訳もわからず上のスイッチを左に回して水を出してしまったので、着いて早々いきなり滝修行をするような羽目になったのでした。
一体あの滝水は何のために使うの?と考えましたが、もし暑いヘレスの夏にあの滝水に打たれたらさぞ気持ち良かろうに、と落ち着きました。

慣れるのに時間がかかりましたが、慣れてしまうとこのシャワー本当に快適です!日本にもあったらいいのに、と思います。
あ、ちなみに滝水は、あれ以降一度も使ってませんよ~☆
S__4636685.jpg


2019年3月7日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜





 


スペイン便り~♪ その13 誰とでも挨拶っ!

スペイン便り~♪ その13 誰とでも挨拶っ!

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

スペイン語の「Hola(オラ)!」というのは、英語の教科書風に訳しますと、「やぁ!」という意味なのですが、

ヘレスでは、知らない人でも、道などで目があったら、「Hola!」と挨拶してくれますし、私もします。

かねてから、日本にも「Hola!」のような、誰とでもできる簡単な挨拶があればいいのに!と思って、ずっといろいろ考えているのですが(笑)

良い案、募集中です!!!

「Hola!」以外にも、おはよう、こんにちは、こんばんはのスペイン語の後半の部分を省略して、「Buena(ブエナ)!」というのも、よく使います。

ちなみに、ヘレス人はめんどくさがりなので、バルなどで知り合いに会った時は「ア」。相手は「ン」だけで返すと、ヘレス人の先生が言っていました。

いろんな話を聞いていますと、やっぱり私の性格はヘレス人みたいです。。。。。

フラメンコの歌の歌い方も、ヘレスでは短くすることが多いそうです。

写真は、アパルタメントのすぐ近くでバルをやっている、ヘススと私たち☆

2019年3月6日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その12 公演が無料で観れます!

スペイン便り~♪ その12 公演が無料で観れます!

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

ヘレスフェスティバルのクルシージョ(短期レッスン)を受講すると、劇場のフラメンコ公演が1週間に6回無料で観ることができます。

自分のために席が一つ用意されていて、無料で観る時は、毎回その席です。

私は2週間受講しているので、計12回無料で観ることができるのですが、
(1週めと2週めは、席がかわります)

無料のチケットで観ることができない公演もありますし、良い席で観たいので、いつも目当ての公演は、発売開始すぐにインターネットでチケットを買っています。

今回は、チケットを買っていなかった公演にも、初めて無料のチケットを使って、いくつか行ってみました!!(今日も行きました♪)

1週めは2階席の4列めの真ん中、2週めは1階11列めの右端の方の席で、どちらもそんなに悪い席ではありませんでした☆

2019年3月5日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その11 自撮りが全く上手くなりません!

スペイン便り~♪ その11 自撮りが全く上手くなりません!

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

本日はセビージャに行けず、相方ホアキーナも私も、午前中はレッスン。その後ヘレスで用事をして、久しぶりにゆっくり二人一緒にお昼ご飯を食べました。

あちこち歩いた後、アパルタメントの近くの、気さくで親切なお兄ちゃんがやっているバルにちょっと顔を出してみたら、

ギターを弾いて歌っているオッチャンと、その彼女と仲良くなり、一緒にセビジャーナスを踊ったり、冗談を言って爆笑しまくったり。。。

とってもとっても楽しいひとときでした♪♪♪

フラメンコと笑いは、万国共通です!!

夜はアドリアン・サンタナの公演を観た後に、夜の行きつけのバルでご飯を食べ、

夜中にニーニョ・ヘロのギターライブ。
めちゃくちゃ盛り上がりました!!

ニーニョ・ヘロとも、無理やり(?)自撮り!!でも、相変わらず、どこを見たら良いのか、わかりません!!

2019年3月4日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その10 自動販売機の謎

スペイン便り~♪ その10 自動販売機の謎

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

スペインは、街に自動販売機が全くありません。

でも、セビージャでは、電車の駅や中距離バスの乗り場にはあります。

日本にもたまにある、自分が欲しいものの番号を押して買うタイプなのですが、値段も何も書いていないので、どうやって買うのか全くわからず、前々からだいぶ気になっていたので、今日ヘレス行きのバスを待つ間にチャレンジしてみました!!

ためしにお菓子を買ってみました。

1ユーロを入れて、番号を押しても、ウンともスンとも言わないので、もう1ユーロ入れたら、お菓子とおつりがでてきました\(^-^)/

が、2ユーロ入れて、お菓子を買って、おつりが3ユーロ!!!?

これ、どういうシステムなん???
全くわかりましぇん!!!

謎を解明するために、今度はジュースを買ってみました!

今度はなんとか普通に買えました\(^-^)/

その後、バスが来るまでに研究した結果によると、

まず、欲しい物の番号を押してから、丸いボタンを押すと、画面に値段が出てきます。
あとはお金を入れたら良いのですが、コインを入れるところのワキにボタンがあり、それを押さないと、コインが中に入らないみたいです。

ちなみに、5ユーロ、10ユーロの紙幣も使えます。

2年越しの謎がやっと解明できました♪♪♪

2019年3月4日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その9 ファミリアとのひととき

スペイン便り~♪ その9   ファミリアとのひととき

Buena!(ブエナ!)
カンテ科アシスタントの小山奈美です。

さて、昨日3月2日は、相棒の植松知子もこの滞在で唯一の丸一日レッスンがない日で、二人揃ってセビージャに行きました。
目的は、長年お世話になっているセビージャ在住のギタリスト、ホセ・マヌエル・トゥデーラ氏のお宅に遊びに行くこと。

昨日は、ご自宅の屋上でバーベキューをご馳走になりました!!!

朝ヘレスを出る時は今にも雨が降り出しそうな霧深いお天気でしたが、1時間半近くバスに乗るうちにすっかり晴れ渡り、快晴のテラスでバーベキューランチ!!なんて贅沢なんでしょう。
おもてなし、という言葉がスペインにもあるのかどうかわからないけど、
ファミリアの心からのおもてなしに感謝感激。
よく食べ、よく笑い、本当に幸せな1日になりました。

ヘレスでの滞在も、残すところ1週間。早い、早すぎる……
悔いのないよう、後半戦も貪欲に食べまくりますよ~~~(^○^)


2019年3月3日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


春よ来い

春よ来い

石川敬子フラメンコ教室、舞踊科主任講師の棚原美和(アンディーナ)です♪

今日から3月がスタート!まだまだ寒い日はあるでしょうが、3月というだけで、春はもう目の前の気分になります(^.^)

が、花粉と寒暖差が激しくなってくるので、マスクと、これからが必需品のカイロをカバンにしのばせる季節です(^_^ゞ

ごきげんよう♪

2018年 3月 1日
石川敬子フラメンコ教室
大阪/岐阜



スペイン便り~♪ その8 フラメンコへの道は迷い道

スペイン便り~♪ その8 フラメンコへの道は迷い道

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

今日で、とうとう前期のレッスンが終わってしまいます(涙、涙、涙!!)

前期は、毎日アパルタメントから早足で、片道約30分歩いてレッスンに通っていました。

バルでお昼ご飯を食べている人たちを横目に、広場を2つ抜けて、フランコスという通りをひたすら真っ直ぐ歩き続けます。

初めてレッスンに行く日、道をきいたおじさんに「まだまだ歩き続けろ!吐くまで真っ直ぐ歩け!」と言われました(笑)

クラスの先生は、私が目標とする「エレガンテな野獣」そのままで、要所要所の体のポジションは、ものスゴく綺麗なのですが、かなりの野獣です。。。。。

めちゃくちゃフラメンコです。

彼女がライオンとしたら、自分はもう生き物でもない、「えんぴつ」みたいな感じ。

初日から大撃沈で、毎日、どうやったら先生に似るのかを模索し続けました!!!

が、「えんぴつ」が「色えんぴつ」になった程度で、何も変わってないやん!!!!

と、すごく悲しいのですけど、でも自分がやりたいフラメンコはかなり見えたような気がします!!!

昨日クラスから帰る時、ボーーーッと歩いていたら、フランコス通りを真っ直ぐ歩いているはずが、クネクネいろんなところを曲がっている自分に気づき、

えぇーーーーーっ!?
ここどこーーーっ???でした。

「ボーーッと生きんてんじゃねーよ!!!」
というチコちゃんの声が聞こえてきそうです。。。

今日は、いよいよディエゴ・カラスコのライブ♪♪♪♪♪

そして、1日休みがあって、翌日から後期のレッスン(先生もスタジオも変わります)が始まります!

写真はフランコス通りです☆

2019年3月1日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


スペイン便り~♪ その7 道ばたでフラメンコ!

スペイン便り~♪ その7 道ばたでフラメンコ!

Hola(オラ)!
舞踊科講師 植松知子です!

今日は、アンダルシアの記念日でした。

それだからか、ベンチの上や道端に、カーネーション(スペインの国花)が置いてあるところがありました。

本日、相棒 小山奈美はセビージャに行っていて、夜遅くに合流して、オフフェスティバルのカンテライブに行きます。

私はレッスン帰りに、地元の人たちがフラメンコの歌を歌っていたところを通りがかり、「そこのハポネサ、こっちへ来い!」と言われ、なぜか知らないオッチャンたちとビールを飲むはめに。。。。

なんでやねん???

みんな良い人なのですけど、全員ベロベロに酔っ払っていて、同じ話を何回もさせられました。。。。。

「ヘレスはめちゃくちゃ安全やけど、気をつけなあかんで!」と言われて、
いやいや、あなたたちに言われるのも、だいぶビミョーなんですけど。。。。

ものスゴくかっこ良いオバチャンがいて、その方が一番歌が上手かったです!!

2019年2月28日
石川敬子フラメンコ教室 大阪/岐阜


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ